地域金融協力regional financial cooperation

05/31/2009

東アジア共通通貨構想と官僚の役割

篠原尚之さんは、一貫して忌憚ない発言をされてきていると思います。これが、良い意味で日本でのアカデミックな検討にプラスに働いているのではないでしょうか。

http://professor-snape.txt-nifty.com/investors_eye/2009/05/post-303b.html

東アジアにおいて共通通貨をジャスティファイする条件が整っているとは誰も考えていない、ユーロでさえ本当に最適通貨圏なのか疑問が出ている、モノの話が先でカネはその後の話だ。

この手の東アジア共通通貨構想は財務官僚が主導して学識者にジャスティフィケーションを作らせているのだとばかり思っていたので、いつからこんなに変わったのか、少なからず驚いた。又同時に、官僚には本質が見えているのだな、と安心させてくれたシンポジウムでもあった。

| | TrackBack (0)

11/23/2008

ASEAN+3財務大臣中央銀行総裁会議に常設事務局設置を検討

20081121日経朝刊(小さな記事)では、ASEAN+3財務省中央銀行総裁会議の事務レベル会合で、チェンマイイニシアティブを、すでに合意している800億ドル(これはこれまですでに締結しているものを指すのだろう)以上の規模で多国間化(マルチ化の意味か)することを来年5月の会議で最終決定することを確認した、という。

ここまでであれば、これまでの延長線上の話。

ところが、20081122日経朝刊 東アジアの金融安定 監視強化へ常設機関 ASEANと日中韓が検討 危機の再発防ぐ では、

  • 12月中旬にタイで開くASEAN+3首脳会議で、各国のマクロ経済や為替政策、金融監督体制を調査・監視するための常設機関を創設することを具体的に検討することで合意する見通し。
  • 機関にはマクロ経済や金融の専門家を集める。
  • 政策の「調査・監視(surveillance)」は、各国の経済状況や財政、為替、金融監督などの政策が適切か定期的に点検する仕組み。
  • 新機関にどの程度の権限を与えるかは今後詰めるが、問題が判明した場合、政策の見直しを求める勧告権を持たせることを検討する。現在の枠組みでも「経済レビューと政策対話(ERPD)」があるものの、各国の担当者が頻繁に代わり、中長期的な話ができない。
  • チェンマイイニシアティブの事務局のような機能を持たせ、外貨融通の発動を判断させることも検討する。
  • アジア開発銀行などの国際機関内にもうける案や、独立の機関として設立する案が浮上している。

これは、ここ4,5年かけて徐々に東アジアで民間シンクタンクレベルでも議論を進めてきた、チェンマイイニシアティブのマルチ化+常設事務局設置の検討の話。土曜日の朝刊に出たことで、いよいよここまでの話が可能になったことが想像されるが、多少なりとも関わった者としては感慨深い。世界的に再び金融危機が深刻化し、今後も米ドルの下落など不安要因が根強い中、東アジアでの地域金融協力をすすめ、地域の専門家による力のある常設事務局を機能させて、地域的な危機については早期対応を図るのは、正しい処方箋だろう。

| | TrackBack (0)

05/06/2008

The Joint Ministerial Statement Of the 11th ASEAN+3 Finance Ministers' Meeting 4 May 2008, Madrid, Spain

まだ日本の財務省のホームページにも載っていないようなので、ここに掲載しておきます。

Introduction

1. We, the Finance Ministers of ASEAN, China, Japan and Korea (ASEAN+3), convened our eleventh meeting in Madrid, Spain, under the co-chairmanship of H.E. Vu Van Ninh, Minister of Finance of the Socialist Republic of Vietnam and H.E. Fukushiro Nukaga, Minister of Finance of Japan.

2. We exchanged views on regional economic and financial developments and policies and reviewed the progress of regional financial cooperation initiatives, including the Chiang Mai Initiative Multilateralisation, the Asian Bond Markets Initiative (ABMI) and the ASEAN+3 Research Group. We also explored ways to further enhance these initiatives.

Recent Economic and Financial Developments in the Region

3. The global economy faces a challenging period. While we remain positive about the long-term resilience of the global economy, the short-term economic prospects have weakened. Risks to the outlook come from the still unfolding events in financial markets, the potential worsening of housing and credit cycles, and inflationary pressures driven by high energy and food prices.

4. The regional economy has continued its strong growth and is forecasted to remain robust although somewhat weaker. Nonetheless, several risks remain such as further worsening of the growth prospects, vulnerability of financial markets, and continued inflationary pressures from rising oil and non-oil commodity prices. We confirmed the importance of taking appropriate actions to ensure that economic activity continues at a sustained pace by balancing policies to deal with these risks. We are also committed to accelerating and deepening structural reforms to support sustainable economic growth in the region. We highly appreciate the ADB initiatives to contribute to the stabilization of the food prices. In addition, we agreed to work closely with the ADB on regional and national initiatives to provide food security and stability of food prices for the regional economies.

5. Such recent economic developments remind us of the strong interaction between vulnerability of financial markets and the macro-economic situation. The countries in the Asian region have recorded strong growth by deepening intraregional trade of goods and services. The financial markets in Asia have become more interdependent with increasing cross-border financial transactions. In this context, we recognized the importance of continuing to enhance communication among authorities responsible for macroeconomic policies and financial supervision in the region.

Strengthening East Asian Financial Cooperation

-Chiang Mai Initiative-

6. On the Chiang Mai Initiative (CMI), we have been carrying out work on the key elements of the multilateralisation of the CMI since our last Meeting in Kyoto, following the principle agreement that a self-managed reserved pooling arrangement governed by a single contractual agreement is an appropriate form of multilateralisation. We reiterated our commitment to maintain the two core objectives of the CMI: (i) to address short-term liquidity difficulties in the region and (ii) to supplement the existing international financial arrangements. We agreed that CMI Multilateralisation will be underpinned by rigorous principles to govern its key aspects, including economic surveillance, borrowing accessibility, activation mechanism, decision making rules and lending covenants, while keeping to timely disbursement.

7. We agreed that it is indispensable to build a credible system in ASEAN+3 to monitor the economic and financial situation of the member countries. As a start, we agreed to implement measures to strengthen the current Economic Review and Policy Dialogue (ERPD), such as increasing the frequency of the dialogues and developing a standardized format for the provision of necessary information and data. Such strengthened regional surveillance system will contribute to smooth and efficient decision making. We will further explore the International Financial Institutions' (IFIs') role in providing useful information when necessary as reference.

8. We also agreed that the total size of the multilateralised CMI would be at least US$ 80 billion, and that the proportion of the amount of contribution between the ASEAN and the Plus Three countries would be "20:80". We further agreed on key concepts of the borrowing accessibility, the activation mechanism and other elements. Based on the progress made thus far on some of the key elements of the multilateralisation of the CMI, we are committed to further accelerate our work in order to reach consensus on all of the elements which include concrete conditions eligible for borrowing and contents of covenants specified in borrowing agreements.

-Asian Bond Markets Initiative-

9. Along with the effort and progress made under the ABMI since 2003, the Asian bond markets have recorded remarkable growth in terms of size and diversity of issuers. We also took note of other progress and effort under the current ABMI such as studies on new securitized debt instruments, credit guarantee and investment mechanism, the study on Asian Bond Standard and enhancing the credibility of the domestic credit rating agencies.

10. To further develop the Asian bond markets, we endorsed the New ABMI Roadmap. This New Roadmap shows our renewed strong commitment to the concrete progress of ABMI, on the occasion of its fifth anniversary.

11. First, the new ABMI Roadmap focuses on the four key areas: (1) promoting issuance of local currency-denominated bonds, (2) facilitating the demand of local currency-denominated bonds, (3) improving regulatory framework, and (4) improving related infrastructure for the bond markets. The Steering Group will be established to monitor and coordinate the activities of the four Task Forces in charge of those areas.

12. Second, we agreed to make further voluntary efforts to contribute to more accessible regional bond market development in a concerted manner. In this regard, each country will make periodic self-assessments of its progress in line with the objectives of ABMI. The reference will be introduced for this purpose.

13. Third, we recognized that the private sector plays an important role in the development of bond markets. In this regard, we welcomed the launch of a group consisting of private sector participants to discuss the cross-border bond transactions and settlement issues.

-Others-

14. On the ASEAN+3 Research Group, we appreciated the various studies made by the Research Group on relevant topics including financial integration and capital market development in the region. We endorsed three study topics for 2008/09 Research Group activities: (i) "Development of Corporate Credit Information Database and Credit Guarantee System", (ii) "The Trend of Trade, Foreign Direct Investment, and Monetary Flows in East Asia, and its Policy Implication", and (iii) "New Financial Products and their Impact on the Asian Financial Markets".

15. We also welcomed the various efforts made by the Technical Working Group on Economic and Financial Monitoring (ETWG) and the Group of Experts (GOE) to strengthen regional surveillance capacity.

Conclusion

16. We expressed our appreciation to the governments of the Socialist Republic of Vietnam and Japan for their excellent arrangements as co-chairs of the ASEAN+3 Finance Ministers¡¯ Process in 2008. We also thanked the government of Spain for its hospitality and kind cooperation.

17. We agreed to meet in Bali, Indonesia, in 2009. The Kingdom of Thailand and the Republic of Korea will be co-chairs of the ASEAN+3 Finance Ministers' Process in 2009.

ENDS

| | TrackBack (0)

05/05/2008

ASEAN+3の財務大臣会議ではAsean economic community blueprintについても議論?

FTの記事を見ていると、食料価格高騰問題を扱った記事Asian nations to work together on rice の最後に以下の表現があります。もう少し詳しく知りたいところ。

The ministers also discussed the Asean economic community blueprint. This is the first year that Asean countries have actions that must be achieved by certain target dates, although no sanctions have been agreed for those members that fail to meet their goals.

| | TrackBack (0)

第11回ASEAN+3(日中韓)財務大臣会議 共同声明を読んで

第11回ASEAN+3(日中韓)財務大臣会議 共同声明(5月4日)の方も、財務相のホームページに既に「(ポイント)」が載っている。

http://www.mof.go.jp/jouhou/kokkin/as3_200504.pdf


1 ニン財務大臣(ベトナム)及び額賀財務大臣(日本)の共同議長の下、マドリードにて第11回ASEAN+3財務大臣会議を開催。
2 我々は、域内経済・金融情勢等につき意見交換。地域金融協力の進捗をレビューし、地域金融協力を更に強化するための方策につき議論。

ベトナムと日本が共同議長だったのですね。この点、末尾に以下の記述があり、次の1年はタイ、韓国が共同議長であることがわかります。今度はバリ。

16 2008年の共同議長国であるベトナム及び日本に謝意を表明。スペイン政府の協力に感謝。
17 2009年にインドネシアのバリ島において会合することに合意。タイ及び韓国が2009年の共同議長国。

最近の域内経済・金融情勢

3 世界経済は、困難な時期に直面。世界経済は長期的には強靭性を有するものの、短期的な見通しは弱まっている。先行きについてのリスクとしては、金融市場、住宅市場・信用状況、エネルギー及び食料価格の高騰によるインフレ等がある。

4 域内経済は力強い成長を維持し、域内経済の先行きについてもいく分弱まっているものの、堅固である。しかしながら、成長見通しの更なる悪化、金融市場の脆弱性、原油および一次産品価格の上昇による継続的なインフレ圧力といったリスクが存続。我々は、これらのリスクに対処する政策のバランスをとり、経済活動を安定的なペースで維持していくための措置をとることの重要性を確認。我々は、域内の持続可能な経済成長を支えるため、構造改革を加速・深化していくことにもコミット。また、我々は、域内の食糧安全保障と食糧価格安定をもたらすための地域の施策につきADBと緊密に取り組むことに合意。

食料や原油価格の高騰は深刻な問題。アジア開銀は黒田総裁が記者会見を行い、貧困層に対して食料の引換券を渡すなどの政策を実施する国に資金供給することを検討している模様(日経)との解説があります。この点、アジア開銀のプレスリリースも見ておく必要がありそう。

5 こうした最近の経済動向をみると、金融市場の脆弱性とマクロ経済状況の間に強い相互作用があることを認識。アジア域内の諸国は財・サービスの域内貿易を深化させることにより力強い成長を記録。金融市場はクロスボーダーの金融取引の増加に伴い一層相互に依存するようになっている。こうした文脈において、我々は、マクロ経済政策及び金融監督に責任を有する域内の当局間の意思疎通を引き続き強化する必要を認識。

ASEAN+3の枠組みをとりあえず対象にして、サーベイランスの重要性を、少し柔らかい言葉遣いで記述しているものと思われる。後出の7にも関係。日中韓では、これよりさらにすすんで、東アジア版の金融安定化フォーラムを開設することで合意している。この日中韓枠組みは、ASEAN+3の動きを良い意味でリードしていくかも知れない。

東アジア地域金融協力の強化
- チェンマイ・イニシアティブ(CMI)-
6 チェンマイ・イニシアティブ(CMI)について、我々は前回の京都での会議以降、一本の契約の下で各国が運用を自ら行う形で外貨準備をプールすることがマルチ化の形態として適当との基本合意に基づき、CMIマルチ化の主要な要素について検討を続けてきた。我々は、①域内の短期流動性問題への対応、②既存の国際的枠組みの補完、というCMIの2つの中核的な目的を維持することを確認。経済サーベイランス、借入限度額、発動メカニズム、意思決定ルール、貸付約款等の主要な要素に厳格な規律が適用されることにより、CMIのマルチ化はより強固なものとなることを合意。
7 ASEAN+3各国にとって、メンバー国の経済・金融情勢をモニターするための信頼できるシステムが不可欠であることに合意。第一歩として、現行の「域内経済情勢に関する政策対話」を強化するため、政策対話の頻度の増加、提供される必要な情報・データの定型化といった具体的な方策を実施していくことを合意。このように域内のサーベイランスシステムを強化することは円滑かつ効率的な意思決定に寄与。必要な時に有益な情報を提供する国際金融機関の役割について更に検討。
8 CMIマルチ化の総額については少なくとも800億ドルとすること、また、ASEAN諸国と日中韓三か国の拠出割合は20対80とすること、についても合意。さらに、借入限度額、発動メカニズム等の要素に関する基本的な考え方についても合意。CMIマルチ化についてのこれまでの進展に基づき、我々は借入適格要件、借入約款の内容等すべての要素についての合意に向けて作業を加速することにコミット。

今日の日経報道では、通貨スワップ協定を800億ドル以上とすることで合意、二国間で外貨を融通する今の仕組みを改めるとともに、融通する資金の規模を現在の実質580億ドルから大幅に拡大する、資金の融通枠の8割を日中韓が拠出し、残りをASEAN各国が出すことを決定、としています。また、「資金供給の発動条件や経済情勢などの相互監視(サーベイランス)の仕組みも議論した」と解説していますが、通貨スワップ協定を拡大するだけではなく、借入国が安易に借入に頼ることがないような歯止めについても色々検討されていることがわかります。ただ、「CMIマルチ化についてのこれまでの進展に基づき、我々は借入適格要件、借入約款の内容等すべての要素についての合意に向けて作業を加速することにコミット」とありますから、まだ乗り越えるべきハードルが残っていることもわかります。

- アジア債券市場育成イニシアティブ(ABMI)-
9 2003年以降のABMIにおける取組に伴い、アジア債券市場はその規模、発行体の多様性という点で著しい成長を記録。また、証券化を活用した新たな債券に係る研究、信用保証及び投資メカニズムの検討、域内格付け会社の信頼性の向上等の、現行のABMIにおいて努力・進捗。
10我々は、アジア債券市場の更なる発展のためABMI新ロードマップを承認。このロードマップは、ABMI5周年に当たり、ABMIの具体的な進捗に向けた我々の新たな強いコミットメントを示すもの。
11 第一に、ロードマップは、(1)現地通貨建て債券発行の促進、(2)現地通貨建て債券の需要の促進、(3)規制枠組みの改善、及び(4)債券市場関連インフラの改善、という4つの主要分野に焦点。これらの分野を所掌する4つのタスクフォースの活動をモニターし調整するためステアリング・グループを創設。
12 第二に、我々は、よりアクセス可能な域内債券市場の育成につき協調的に貢献していくため更なる自助努力を行うことに合意。この点につき、各国は、ABMIの目標に沿って進捗状況の定期的な自己評価を実施。このために、評価基準を導入。
13 第三に、我々は、債券市場の発展に民間部門が重要な役割を果たすことを認識。この点につき、クロスボーダー債券取引及び決済上の課題を議論するため、民間部門の参加者で構成される検討グループが発足したことを歓迎。

色々新しい動きが取り込まれているようです。昨年5月のステートメントをみても、今年のステートメントを具体的に予想させるものはないので、ここはロードマップをはじめ、色々な新しい合意事項について早く必要なプレスリリースがされることを強く期待したいと思います。

日経は、なぜか「アジア債券市場保証機構創設へ」との記事を載せ、ASEAN+3があ、アジア開発銀行に2010年を目処に500-1000百万ドルの危機を設け、アジア債券市場の拡大に向けた保証機構を作ることで合意したとしています。保証機構はASEAN+3で合意したアジア債券市場の育成計画を踏まえて創設する、とし、先進国からの投資拡大には、アジア企業の信用力向上が課題の一つになっていると解説しています。

先のロードマップを読んでみたいが、この保証機構創設については様々な議論がなされてきたことが想像出来ます。ただ、先進国からの投資拡大は今や主要な目的ではなくアジア各国間のクロスボーダーの投資拡大がより重要度の高いテーマでしょう。こういうあたりは、ABMIが始まったころの状況と、グローバルな不均衡をはじめ大きく状況が変化した現在とでは、大きく状況が変化してきています。

その他

14 ASEAN+3リサーチ・グループにより行われた金融統合・域内資本市場の育成を含む様々な研究を歓迎。我々は、リサーチ・グループの来年の研究テーマとして、「企業信用情報データベース及び信用保証制度の整備」、「東アジアにおけ
る貿易・海外直接投資・資金フローの動向及びその政策的含意」及び「新たな金融商品とそのアジア金融市場への影響」を承認。
15 我々は、地域サーベイランス能力の向上に資する、「早期警戒システムに係る作業部会」や「専門家グループ」の進捗を歓迎。

引き続き色々な研究や色々な検討が進展することと、検討内容のディスクロージャーを期待したいと思います。

| | TrackBack (0)

第8回日中韓財務大臣会合共同メッセージ(マドリード)を読んで

すでに財務省のホームページに「第8回日中韓財務大臣会合共同メッセージ(ポイントのみ)」が載っています。去年のアジア開銀総会は京都だった。早いものでもう1年。

http://www.mof.go.jp/jouhou/kokkin/200504joint_message.pdf

日本、中国、韓国の財務大臣は、2008年5月4日、スペイン・マドリードにて第8回財務大臣会合を開催。現下のマクロ経済情勢、金融情勢、地域金融協力及びその他について意見交換。

日中韓の財務大臣会合が、アジア開銀総会の前後に定期的に開催されているようですが、ステートメントもこのように毎回出されるようになってきました。色々な面で良いことだと思います。

日中韓の引き続き底堅い経済成長を歓迎。他方、世界経済のダウンサイドリスクが増すなか、世界的な景気減速を完全に免れることはできないとの見方で一致。我々は、潜在的なリスクを注意深く監視し、情報共有の強化、事務レベルでの会合拡大及び日中韓のマクロ経済・金融状況についての理解の深化を通じて、協力を推進していく必要を認識。

現在の国際金融市場の混乱は経済にとって主なリスクであり、域内における金融取引及び物・サービスの取引の双方の相互依存は強まっている。マクロ経済を担当する当局及び金融安定化を担当する関係当局間で議論を強化する必要を強く留意。我々は、この意味で日中韓の財務省、金融監督当局及び中央銀行が参加する会合をまず本年中に開催することの重要性を認識。

新聞報道では、新設される会合は「マクロ経済・金融安定化ワークショップ」と呼ばれること、アジア版FSF(金融安定化フォーラム)とも言えるもので、返事から当局同士が協調する場となる(朝日)といった解説がされている。

解説を見ると、ワークショップには3カ国の財務省、金融監督当局と中央銀行が参加し、各国の金融市場に関する情報を共有する他、証券化商品のリスク管理のあり方などを議論することを想定しており、将来的に、この枠組みを、ASEAN加盟国にも拡げたいhしている(朝日)。

ワークショップには財務省、金融監督当局の他に、中央銀行が参加することが明記されている。中央銀行が総裁レベルだけではなく、色々なレベルで積極的に参加することは、各国で中央銀行が果たしている役割や、東アジアの地域金融協力で中央銀行がこれまで果たしてきている役割や実績からいっても、重要なことだと思われます。また、そういった枠組みが日中韓から生まれることは、ASEAN+3のスワップ協定のネットワークや債券市場振興について日中韓が果たしている役割の大きさからいっても、自然であり、将来スムーズにその枠組みが発展していくことにつながるものと思われます。

「事務レベルの定期会合を開催することで合意。金融資本市場が不安定になるなか、経済全体に深刻な影響が及ばないように情報交換や分析を強化する。第一回会合は、年内に開く予定。」(日経)。

日経では、額賀財務相が提案し、中韓の財務相がこれに同意したとの説明が付いている。

さらにこのステートメントには以下の記述がある。CMIの強化というテーマでも日中韓が主導的な役割を果たしていることがこのステートメントから確認できるように思います。

ASEAN+3財務大臣プロセス下の地域金融協力の進展を議論・歓迎するとともに、日中韓の引き続き緊密な協力へのコミットメントを再確認。CMIのマルチ化の一層の前進を歓迎。CMIマルチ化のいくつかの基本的な要素について合意に達した。日中韓での議論をさらに緊密化することにより、CMIマルチ化のすべての事項について合意するべく、一層努力していくことに同意。
ASEAN+3各国の債券市場の発展を目的として、アジア債券市場イニシアティブ(ABMI)を引き続き支援することに同意。ABMIが、各国の市場改革を促進し、ASEAN+3の政策面での協力を促進することによって、最近の域内債券市場の発展に貢献したと認識。アジア債券市場の一層の発展に向けてABMIのもとでの取り組みについて一層協調を図っていくことに同意。
日中韓の協力とこの会合の成果に満足。日中韓財務大臣プロセスが、引き続き、強化された政策対話と協調のための効果的な手段としての役割を果たすとの見方で一致。

| | TrackBack (0)

07/10/2007

Regional financial cooperation

Mr. Makoto Utsumi contributed to Nikkei today in "Keizai Kyoshitsu (Economic Classroom)"as the first of the series of "10 years after the Asian Crisis - Lessons" in which he emphasized the importance of a regional initiative to cooperate with IMF. Furthermore, he was somewhat sceptical of the idea of establishing Asian Currency Unit in East Asia as he does not see any feasibilites in having Europena snake-type mechanism at the moment. However his idea of having core group such as the original ASEAN members to srat snake, then Japan and Korea participating, China participating after RMB shifts to float is quite in line with the leading scholars in the region in the sense that the cooperative stance should be taken by the policy makers in the region in the area of foreign exchange policy and monetary policy. Anyhow I hope that his remarks could further activate the discussion in this area much further.

| | TrackBack (0)