« March 2011 | Main | May 2011 »

April 2011

04/24/2011

篠田節子さん 銀婚式 最終回

毎日新聞日曜版の朝刊には、篠田節子さんの「銀婚式」が連載されてきている。今回で最終回とあってちょっと驚いた。

この小説、金融界に身を置いていた主人公が、ひょんなことから地方の私立大学に転職した後をたどる話だが、学生の教育、夫婦関係、男女関係、親子関係、介護など、現在、私たちの年代を取りまく話題を、かなりの取材を行った上で小説のストーリーにまとめ上げている。これを読むために毎週日曜日にコンビニまで新聞を買いに行っていた。

突然の最終回。見事に小説の題名にひっかけて締めくくった。この秋には毎日新聞社から単行本として出されるようだ。

| | TrackBack (0)

04/18/2011

お手伝い

今年度より非常勤講師をお願いする方の初回講義。色々細かなところを含めサポート。幸い学生は予想より多く集まった。バイアスがかからないように注意しながら私の経験を伝えた。

| | TrackBack (0)

大震災が問う国の形

山下英次教授(大阪市立大学大学院教授)によるエッセイ(時事通信社 金融財政ビジネス)。今回の震災について日本書紀や地質調査の結果を紹介し数百年に一度は起きうるもので備える必要がある、と説き起こし、後段では、大震災が哲学者や思想家などの考え方に影響を与えたという見方を紹介。一読の価値がある名エッセイです。

| | TrackBack (0)

04/17/2011

浄水水栓の取替頻度

実家の水栓に取り付けてある浄水器(蛇口と一体)のカートリッジを交換しようとして検索したところ、メーカーさんが会員制のようなもので交換サービスを行っていることがわかり申し込みました。

http://www.takagi.co.jp/purifier/member/index.html

ただ、交換頻度が高すぎるように思います。一番交換時期が長い選択肢でも4ヶ月。そんなに頻繁に交換する必要があるのかな、と思います。交換カートリッジだけ手に入れる方が良かったかな。数回試してみた上で検討したいと思います。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

04/05/2011

アイハウスにて会食

咳き込みがあってやや苦しかったものの、旧友2人とThe Gardenで会食。元気をいただきました。ただ、まだ桜は一部3-4分咲き程度。それでもほぼ満席でした。

  • 原発の汚染水の海洋放出には絶句。おしっこしたい、とだだをこねる幼児に母親がしようがないといってこれを認めるような構図。幼児ではなく母親が説明すべきだし、突然唐突に説明することではなかろう、との意見。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/04/2011

日経電子版Android向けが出たけれど

基本ソフトをダウンロードしてみたが、記事についてファイルのシェアができない。これはただアンドロイドでも読めるようにしただけ。他のGoogle Readerなどの記事は、すべてEvernoteにリンクを残したりさらにはノートを書き込むことができる。研究していないのか、記事の著作権に留意してできないようにしたのか、クレームが数多く上がってくれば対応しようというものか。電子版が開始されたときに比べて多少改善されているので、同じようなことをここでも是非期待したいと思う。

| | TrackBack (0)

04/03/2011

ひたちなか市に義援金を送りました

毎年ゼミ合宿でお世話になっているひたちなか市の義援金口座に、わずかですが送金いたしました。

震災後1週間あまりの段階で電話で市に問い合わせたところ、それがちょうど義援金送金の方法がホームページに掲載された日でした。

首都圏でも茨城の被災があまり報道されないことが最近よく報道でも強調されます。でも、ひたちなか市も7割あまりの家庭が断水し、製造業がストップし大きな打撃を受けているとのことでした。

以下を見ると被害の大きさが理解できます。みなと海浜鉄道も大きな被害を受けているようです。海岸沿いの阿字ヶ浦海岸沿いの道も復旧にはかなりの費用と時間がかかりそうです。

http://www.city.hitachinaka.ibaraki.jp/SKYU/saigai/kohoph01.html

義援金の送金先は以下に説明されています。

http://www.city.hitachinaka.ibaraki.jp/SKYU/saigai/gienkin.html

| | TrackBack (0)

« March 2011 | Main | May 2011 »