« August 2009 | Main | November 2009 »

September 2009

09/23/2009

高速1000円での交通渋滞

確かに、21日(月)は、墓参りで金沢駅前で載ったタクシーの運転手さんから、県外ドライバーが多く、大変な交通渋滞が続いているとの説明を受けた。それで、道幅の狭い抜け道を随分通ることとなり、私にとっては、とても興味深いひとときとなったが。

高速1000円なのか、景気が良化しているのか。やはり前者だと思う。願わくは、前者が続いているうちに景気回復が本格化せんことを。

http://www.gaitame.com/blog/nomura_report/2009/09/20090917085013.html

今回のシルバウィークの20日から23日は北陸3県の宿は満室であった。金沢はともかく富山や福井は楽に予約出来ると思っていたが予想外の人気であった。高速1000円が効いているのだろうか景気が良くなっているのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Far Eastern Ecoomic Review

12月に廃刊するとの記事が出ている。

といっても、7,8年程度前に、通常の週刊の経済ビジネス誌から、より固い内容の季刊誌?に移行していたと思うけれど。

| | TrackBack (0)

09/13/2009

神田駅西口商店街

5日(金)は昔からのお知り合いと会食。ご馳走になってしまい、ありがとうございました。

同じ勤務先ではないが、同じ時期に香港でご一緒し、経験を共有した関係です。色々な現地の固有名詞が飛び交い、タイムスリップした感があります。私がいたころはまだ香港のバブルははじけず、中国が朱鎔基副首相(当時)のもとで金融引き締めを実施するという状況でしたから、あまり差し迫った危機のようなものは感じませんでしたが、それでも、ビジネスを進めていく上ではいろいろな困難につきあたります。

さて、ちょうど、神田駅西口ではお祭り。商店街の人達というよりはオフィス街に勤務する人達が中心になって進めているような感じでした。実は、そこで妙な物体(写真)に遭遇。初めてみたのですが、これ、なかなか集客力があると思います。風で揺れるのですが、その揺れ方が尋常ではないので、通行する人の目を引きます。随分使われているのかしら。

Cimg0003_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

備忘 9.5-9.12

  • 9日は愛媛大学でのSPODに参加し、Teaching Portfolioとは何か(栗田佳代子先生)、DP,CP,APの開発と一貫性の構築(小林直人先生)の講義に参加。小林先生には終わってからお話をする機会があった。参加型の講義で、ポイントがよく身につくだけでなく、グループ作業の中で他の参加者との交流の機会もあった。
  • 夜は仕事をするつもりが、食事をした後疲れからか早く就寝。翌朝、随分早く起き、松山城公園の回りを少しだけ散歩。ここは戦災にあっているのだろうか、道幅が広いが、市の中心部にも住宅がかなりあって、早朝から沢山散歩している人がいる。部屋に戻ったところで朝日がさんさんと差し込む。
  • 路面電車が残っていること、愛媛大学が市の中心部にあること(郊外に移転していないこと)が、道後温泉の存在に加えて、松山市を魅力ある活気のある中核都市にしているように感じた。1月に来た際にもったそのような印象を強くした。

  • 金曜日の教職員研修会での20分の説明はさすがに緊張。無事インターネットにつないで実際に現物の電子ポートフォリオを操作しながら説明。他の学部の先生方が皆、初年次教育の進捗状況を説明されるなかで、私だけがちょっと違うお題で、だから仕様がないといえばないのだが、どのように受け止められたことか。数名の先生方と、4,5人の職員の方よりは、インターネットに接続して実際に見せたところを含め好意的なコメントをいただくことができ、大変嬉しかった。

| | TrackBack (0)

09/07/2009

Ether Padの優れている点

ここ半年余り、クラウドコンピューティングの勉強をする羽目になり、結構、楽しく取り組んでいました。

IDEAさんのブログでEther Padのことを知りました。

http://www.ideaxidea.com/archives/2009/09/etherpad.html

以下の記述があって、これはクラウドコンピューティングかと思いましたが、プログラミングが優れているのだという記述があります。0.5秒毎にドキュメンツをアップデートしていくというのはなかなかと思います。

Other "real-time" editors like Google Docs work by broadcasting an updated copy of the document to everyone every 15 seconds. This creates a noticeable lag that gets in the way of collaboration. You start editing something, only to find 10 seconds later that someone else deleted it.

Etherpad updates every copy of the document every half second. This 30x increase in speed changes the experience completely. Your edits hardly ever clash with other users'. So you work confidently instead of tentatively.

Why doesn't Google Docs update every half second like Etherpad does? Because it's really, really hard. We're fairly experienced programmers, and to make this work we had to solve problems that, as far as we know, no one had solved before.

http://etherpad.com/ep/about/simultaneously

共同作業というのは、教員同士だけでなく、教員と学生の間でも起きますが、こんなものがあれば随分効率アップに役立つと思います。

| | TrackBack (0)

09/06/2009

出井 康博さん 長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う

取材を積み重ねてかかれた好著。最初のうちは、結論の方向が見えず、やや戸惑うが、しばらくして、具体的な取材のひとつひとつが興味深い問題指摘であることに気付く。興味が向かう。

FTAやEPA上の介護士受け入れのもつ必要性には触れられていないが、日本側の受け入れの問題点が官僚組織のもつ弱点につながっていることを知ると、心が暗くなる。いつもこのような仕上がりなのだろうか。民間との交流の必要性を痛感するのだが、間違いだろうか。ジャカルタ現地で取材すると日本側から都合の悪いことについては口止めされている例まで出てくる。その中でも志の高い若者が日本に来ていることが示される。

実際にこのプログラムでインドネシアやフィリピンから来ている人達の一人一人が無事に成長し、できれば日本の国家試験にも通って欲しいと願うばかりだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

備忘 2009.8.31-9.4

  • 3日には、私情協で、E先生、H先生、Nさんの発表を傍聴。(私の名前も出していただいているのですが、ほとんど手を動かさなくてはならない準備作業には参加していません。)私の弱い部分を両先生ともプロフェッショナルに表現され大変勉強になりました。私はといえば、11日、19日と学内と学外で発表する計画があり、テーマは近いもののそれぞれかなり変更の必要あり。
  • 4日は、電子マネーを活用した商店街活性化等の関係で、学生と「訪問」。
  • 分担分の高校訪問のスケジュールがようやく固まった(アポ取得)。

| | TrackBack (0)

« August 2009 | Main | November 2009 »