« 久恒啓一さん 残業はするな「前業」をせよ | Main | 伏見康治さんとの対談を読んで »

07/14/2007

人との出会いと別れ

お葬式。若い頃は、近しい人の葬儀はともかく、あまり関係のない行事でした。社会に出てしばらく、実家が遠いこともあって、出ないですませることが多かったと思います。職場の方は、普通かなり歳の離れた引退された世代の葬儀が中心だから、直接関係がありませんでした。
それが変わってきたのはここ10年くらいでしょうか。まだまだこれから、という60代の人達の葬儀、そして親類関係でもポツポツと。その中に同級生や職場の同年代の人達が混ざります。昔職場で上司だった人も入ってきます。取引先関係というのはあまりないようですが、これはおつきあいしている人達の年齢層にもよるのでしょう。

そして葬儀が相次ぎます。

葬儀があると、その人の写真を見つめながらお別れを言うようになりました。この別れの儀式をこなすと、何か一つのけじめがついたような気になります。人との出会いがあるとすれば、別れもこうやって主体的にけじめをつけておきたい、と感じています。そこで何か語りかけられたような気になることもあります。
人の一生というのは、人との出会いと別れの積み重ねです。きちんと行うことが、自分自身にプラスに跳ね返って、心の落ち着きをもたらすような気もします。

|

« 久恒啓一さん 残業はするな「前業」をせよ | Main | 伏見康治さんとの対談を読んで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 人との出会いと別れ:

« 久恒啓一さん 残業はするな「前業」をせよ | Main | 伏見康治さんとの対談を読んで »