« February 2006 | Main | April 2006 »

March 2006

03/26/2006

ハノイ電力事情

そういえば今回の出張では、ホテルでも夕食中のレストランでも停電が頻発。どこも自家発電の設備を持っているようで長時間の停電はありませんが、インフラ面でハノイに少し不安を感じました。

リンク: ベトナムとPDAとモバイルと: ホテル全体でネットワークダウン.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

旧万世橋駅夜景

交通博物館がなくなるとライトアップもなくなるのでしょうか?貴重な写真をアップしていただきました。ありがとうございます。

リンク: 金沢発ときめき浪漫 : 旧万世橋駅夜景.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

水は重要

最後に4泊5日でハノイに滞在の後帰国しました。Daewoo Hotelに次回は泊まって見ようかな。でもHotel NikkoもMineral Waterに切り替えてくれて、私としては満足。水って重要ですね。まえはpurified water from unpolluted sourceですから、いってみれば泥水を濾過したようなもの?だったのが今回ははっきりmineral waterと書いてあってしかもコカコーラの名称が入っています。見た目には同じような外観ですが内容は大違い。

まだ滞在していればそうするのですが、今回はトラックバックしません。

リンク: ベトナムとPDAとモバイルと: やっと週末.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/21/2006

帰国

今回の出張では大体やるべき仕事はやったかな。

自分には厳しく当たらないといけない。でないと周囲に厳しくあたることが出来
ない。姿勢の問題でもあるし、率先垂範ということもある。でも、あまり厳しく
あたり過ぎると毎日を穏やかに過ごすことができない。安穏とはいわないまでも。
この辺りが結構いい加減にできているかどうかというところで、人間、思い詰め
てはいけない。
でも人間の能力ってかなり歳を取っても伸びる物だと思う。いろいろな刺激と新
しい出会いに胸を弾ませながら生きていけるとすれば、この世は結構面白いので
はないだろうか。歳をとっても刺激を感じ取れるような過ごし方をしたいと思う。
昨日ホテルのジムでちょっと走ったら随分疲れた。今日夕刻走ったら大分力がつ
いたような気がする。明日は朝少しまた走ってみよう。少しずつたゆまずやって、
人生を健康に楽しもう。

随分前向きな健康的な結論になってしまいました。ビール(地元産のタイガービー
ル)、赤+白ワイン(Dalatというベトナムワイン、甘辛の丁度中間かな。口当
たりが良い)に「越の一」(吟醸酒、冷酒でも結構いける)まで入って結構出来
上がっているからかな?Dalatは口当たりもよく十分日本に輸出出来そうな気が
する。
http://www.dalatwine.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/18/2006

ハノイ

昨日昼過ぎにマニラから香港経由(一泊)でハノイに入りました。

霧雨模様ですが気温が摂氏17−18度程度で丁度良い感じです。この週末は文字通り
ホテルに缶詰で仕事です。

私のようなパソコンやインターネットの一ユーザーには最近話題の梅田望夫さん
の「ウエブ進化論」はThomas FriedmanのThe World is Flatとならんでと
ても便利なガイダンスブックです。
ところで後者にはまだ邦訳がないようですね。
香港の空港の売店で既に中国語訳が積まれていて「世界是水平」とか書かれてい
ました。日本語の邦訳の予定はないのでしょうか。寂しいですね。

98,99年頃は、私の意識が低かったせいかもしれませんが、東アジアの空港の売
店でこれはというベストセラーにお目にかかる機会は余り無かったように思いま
す。クアラルンプール等では全く国際的な書籍はなかったような気がします。そ
れが今では、ほとんど世界の今現在のベストセラーが並んでいるような気がしま
す。Steve Jobsや、Search for Googleそれにクリントン、クリントン夫人の自
伝等々。これをもってグローバル化の証拠の一つというのは容易ですが、それ以
上にアジア各国を巡るアジアの人達の意識が国際的なそれと接近しているといっ
た方が正確な様な気がします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

香港

香港で乗り換えをするときに困るのがどこに泊まるかということ。中国経済に加
えて香港の回復も目覚ましいためか、はたまた、中国本土から香港への旅行者が
増えているためか、空港に隣接したリーガルホテルの価格設定は最近非常に強気。
インターネットでのkast minute dealというシステムでもHK$2000もしてしまう。
今回はリーガルの九龍に宿泊したが、便が遅れたせいで、airport expressは
23:35頃発。九龍駅が午前0時、タクシーに乗るのに10分程度かかり、「もーまん
たい」と言われながらホテルに着いたのは0時半、起床は5時20分、これはきつい。

と思って、翌朝空港に向かうairport expressでぼんやり外を見ていると、空港
の近くにNovotel Citygate opeing soonとサインをつけてホテルが建設中。歩い
ていける距離にはないが、まあタクシーで3−4分程度の距離。無料シャトルバス
でもつけてくれれば使えそう。

九龍のリーガルホテルではwireless broadband internet利用可能としていたが、
泊まった部屋にはほとんど届いていない模様。利用権をいったん購入しようとし
てキャンセル。部屋に戻ったのは午前1時過ぎ、それからモデムセーバーを出し、
ニフティで電話線で接続、一通りメールの受信が終わったのは2時半頃。電話線
でのメール受信には時間がかかる。でも、こういった際の最後の手段は電話線。
一通りの道具は必ず持ち歩く必要がある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/17/2006

移動

このところブログ休止状態。仕事でブログまで手が届かない。
今日はマニラから香港への移動。空港についたが20時10分発の便は1時間程度遅
れるという。香港到着は23時を回りそうだ。それから移動するとホテル着は0時
を回りそうだなと、憂鬱。多少高くても空港内のホテルに泊まるべきだったかと
後悔の念も芽生える。

ホテルから空港への車の中で運転手と随分話した。英語でコミュニケートできる
からこの国では地元の人とのコミュニケーションは容易。どうすれば雇用を増や
し所得水準を引き上げることができるかという随分真面目な話になった。マルコ
ス政権崩壊直後は民主政治の基礎作りに終始したのだろうが、そろそろ国の将来
をうまく舵取りする政治経済両面に通じたリーダーが必要とされているのだろう。

(以上2006年3月16日マニラ時間午後7時半記)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/01/2006

人民元切り上げと中国為替制度改革 RIETI 経済産業研究所

リンク: 人民元切り上げと中国為替制度改革 RIETI 経済産業研究所.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »