« September 2005 | Main | November 2005 »

October 2005

10/31/2005

ハノイの空港からのタクシー事情

またハノイに来た。今回は大分涼しいかな。ぱらぱらと夜にかけお湿りも混じった空模様。
まあお天気は曇り。

今回は頼んでいた車が来ておらず電話したところタクシーを使って!とのことで、空港の
タクシーを拾った。外にちょっと出たところに3種類のタクシーが止まっていて、一番手
前のVietnam Airlinesと書かれているところで乗車。ちょっとすすけた、呼吸器系の弱い
人にはちょっと厳しそうな車だったが、反対車線に飛び出して果敢に道を急ぎ(普通は逆
に路肩近くを走るか、左折信号を点滅させながら前の車に道を譲るよう迫るのだが)比較
的早くホテルに到着。もっとも、空港にはUSD 10とあったが、ベトナムドン表示で180,
000ドンあたりまでメーターが上がったせいかUSD 12を請求される。まあ「ぼった」うち
には入らないかと、USD 12を支払い領収書をもらって決着。ただ、領収書の12という表記
が読みずらい。精算の時に総務の方から注文がつくかなあ。

この程度のトラブルで済むのであれば昼間は空港のタクシーで十分ですね。夜はちょっと
怖いかな。もっともホテルから空港へは結構このタクシーを利用しているのですが。ハノ
イではホテル専属というかホテルに所属してホテル名を書いたタクシーが多く、ホテル発
のタクシーはまずすべてこれ。従ってタクシーの方で悪いことはやりにくい形にはなって
いる。

空港で乗車するタクシーって、料金を固定した表示をするのならそのようにタクシーに徹
底すべきですね。こんなところで憂さを晴らさずに英語のサイトの方で意見を吐くべきか
しら。

あと、日本円で直接支払いたいですね。百円札と5百円札を復活して欲しいな。これは別
のところで議論したいテーマ。前に取り上げた識者は何人かおられるようですが。

で、まずは早く寝よう。お休み!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/26/2005

ライス国務長官の素顔

ライスの素顔、面白いですね、こういった分析は。写真というのは人の気持ち、性格が良く出る。

リンク: The Blog | Michael Shaw: Reading The Pictures: We've Looked At Rice From Both Sides Now. (...We Really Don't Know Rice At All.) | The Huffington Post.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/21/2005

羽生善治さん「決断力」

羽生善治さん「決断力」予想以上に面白い内容。やはり一芸に秀でた人の言葉には重みが
あるし、参考になるところが多い。気になった箇所を3箇所挙げてみたい。

私は、年齢にかかわらず、常に、その時、その時でベストを尽くせる、そういう環境に身
を置いているーそれが自分の人生を豊かにする最大のポイントだと思っている。(123ペ
ージ)

→色々私もありましたが、幸いいつもそのような気持ちを20年以上にわたって保ってきて
います。

過去にどれだけ勉強したかではなく、最先端の将棋を、どれだけ勉強したかが重要なのだ。
ここ1年とか2年とか、本当に短い間にどれぐらいそれを勉強しているかが問われるように
なった。(135ページ)
→最近の情報を丹念に集めないと恥をかく、といったことに通じそうです。私の仕事では、
日本語の情報だけでは恥をかくことが多いですが、色々気をつけていないと取り残されま
す。かつ集中して取り組むことも必要になります。

将棋の勉強法には、詰め将棋や棋譜の研究、実践で指すなどいろいろある。だが、これを
すれば絶対に強くなるという方法はわからない。将棋は進化している。技術や社会もそう
だろう。取り残されないためには油断は禁物だ。私は、年齢とともに勉強法を変えること
は、自分を前に進めるための必須条件だと考えている。(190ページ)
→仕事のやりかたを含めこれが絶対というものはありません。そういう気持ちで成果を極
大化する、手間暇を極小化する、若手への委譲を図る等々、工夫をすることが必要でしょ
うし、勉強のやり方も常に工夫する必要がありますね。で、幸いながら、耳を澄ませてい
ると、勉強のやり方を変えるきっかけというのは時たま訪れるものです。特に優れた人達
に接していると。自分自身も周囲からみて仕事のやり方を変えるきっかけになれば(こう
いう風に変えなさいというのではなく自然に)と思います。

またまた忙中閑ありでした。帰途機内にて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/19/2005

航空会社

所用あってアジアの某所行きの日本航空に乗っている。機長のアナウンスが流れたが英語
を母国語とする、豪州ニュージーランド系か欧米人の様だ。日本人の機長の真面目な英語
も良いが、特にフィリピンのように英語が達者な国に行く場合には、管制官などとのコミ
ュニケーション上こういったnative English speakerの機長も良いなと思って聞き過ごし
ていた。機長のアナウンスから間髪を置かずに日本人スチュワーデスが「機長に代わりま
して」と説明をしていた。

しばらくして、近くで、話の詳細は聞こえないものの、どうやら、日本の航空会社であり
ながら機長のアナウンスが英語で流れるとは何事かとスチュワーデスを呼んでクレームを
している人の声が聞こえてきた。

細かいところは聞こえないので何とも言えないが、日本人の乗客に対して失礼とかいうことが言えるかどうか、という点はあっても、安全面での問題はないはず。サービス面ではすぐ直後に日本語のアナウンスがついているのだからこの程度は十分理解できるところ。

むしろ日本の航空会社が存続できるかどうか、といった視点も必要だ。

こういう要求にも頭を下げて対応しなくてはならない日本航空さんは大変だ。
National FlagならぬNational carrierと呼ばれる?航空会社には他にない公共性がある
のは事実だが、そういった公共性がこれまでどれだけこの航空会社の手足を縛ってきたこ
とだろうか。ビジネスクラスにいる知り合いの方に連絡を取るついでがあったので私とし
ては珍しくアテンダントのチーフにねぎらいの言葉をかけた。「人件費を切り下げるため
に色々な国のアテンダントも雇い色々な工夫をしているのですが。」といった答えが返っ
てきた。こういうクレームにも対応しなくてはならぬ日本航空の皆さんは大変だと思う。
全日空の人も多かれ少なかれ同じ状況にあるかもしれない。

おっと、こんなメッセージをアップしているのが忙中閑ありということ?
メッセージ自体は機内でしたためたが。お休みなさい。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

10/16/2005

日曜寄稿

山根一眞さんのデジタルスパイスの指摘が心に残った。メタルカラーで取材を重ねて日本の技術の蓄積について並々ならぬ知見と愛着を持つ山根さんならではの指摘。でも、どうだろう。こういったことを実現できるかどうかは結構紙一重のところもある。経営や外部環境の運不運もある。でも以前にもまして経営の舵取りの巧拙のもたらすところは大きいというべきだろう。

新モデルipodの発表について、「たかが3万円前後の製品の登場が世界的なニュースになることの意味を日本メーカーは真摯に考えて欲しい」「デザインや操作性、ソフトウエアの使いやすさが抜群であることに加え、製品自体がネット接続を前提にした構想力を持って設計されていることでもたらされた。ーー何処までもユーザーの延長線上にいて、少年の好奇心で自分がほしいものを次々に製品化してきたからだと思う。」一方、「素人経営者を外部から招聘して人員削減ばかりが経営目標となって混乱に輪をかけ、肝心の技術者たちの少年のような好奇心がどんどん失われているからではないかと心配している。」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

梅ワイン

酒造の「梅ワイン」と銘打った梅ワインを先日買い求めた。ほんのりと梅の香りがするが
確かにワインの味わいもある。味は辛口。宣伝ではないが、もう一度買ってみたくなる味
だ。ラベルの解説は、<福井県三方町の優秀な梅を使って奥越前の酒造で仕込んだ100%
福井県産「梅ワイン」>。製造元の(株)一本義久保本店は福井県勝山市で「一本義」と
いう地酒を造っているようだ。
日本はこうやって地域地域でユニークな産品がかならずいくつかあって、それが見直しさ
れる途上にあるのだと思う。梅酒だって地方ブランドで戦えるというお手本ではないだろ
うか。そういえば梅酒というのは家庭で作るものだった。母も作っていた。それをプロが
作ったものといったら怒られるだろうか。製造方法もずっと本格的だと思うが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/12/2005

出張時のPHSとLAN

所用があって毎年草津駅前のビジネスホテルに泊まっている。最初の年は草津エストピアホテル、ここでは一番立派なホテルだろう、でもインターネットは電話回線で出て行くしかない。次の2年は駅前のボストンプラザホテル、ここも電話回線で出て行くしかない。でも去年はついに今は改名してWillcomのPHSサービスに加入し滞在期間中のみ契約変更して108Kにして対応した。でも早くない。インターネットで資料を集めるには力不足。今年は、草津アーバンホテルというところに泊まった。インターネットで調べるとここはつなぎ放題のLANが全部の部屋に完備している。泊まってみて、その便利さを実感。このホテルはこのエリアでしか展開していないので他の地域では利用の仕様がないが、日本で出張するなら東横イン、サンルート、アパホテル(後者2つは全部屋ではないようだが)に宿泊するしかないと痛感しています。

でもPHS カードがあると重宝します。これで電子メールを全て受信しようとすると時間ばかり食ってしまうことがありますが、手元の送信メールだけは送ってしまいたいという場合には威力を発揮します。

(Classicaさんへの答えになっているかどうか、ちょっと疑問。)

海外でも事情は同様。今も海外出張中ですが、LANがあるかどうか、さらにはLANというだけではなくてどの程度のtrafficが確保されているかが重要。先日泊まったハノイのホテルはLANといいながら実際には部屋の中では電話線を介在しており見た目にも頼りなさそうだったが実際のところ全く使い物にならず、連絡に難渋した。

昔ニフティのフォーラムで中国のホテルを一つ一つあげてモデムで電話でパソコン通信が可能かどうか情報を集めたものがあったが、同じようなものが東アジアの特に新興国、ベトナム、ラオス、カンボジアあたりでも必要と思う。バンコックもホテルによって随分違う。むろん最高級といわれるホテルは問題ないことが多いが、問題は上級といわれるホテル。

リンク: CLASSICA - What's New!.

| | Comments (2) | TrackBack (0)

10/10/2005

勝手に将棋トピックス - 日本将棋連盟と公益法人改革

IIMAのあり方を考える際にも必要な視点か。

リンク: 勝手に将棋トピックス - 日本将棋連盟と公益法人改革.

■[将棋界] 日本将棋連盟と公益法人改革「将棋ビジネス」考察ノート:公益法人制度改革 公益法人の制度改革により、日本将棋連盟の事業について非課税とされる範囲が狭められる可能性があるのではないかという指摘。日本将棋連盟は将棋道の普及を目的とする公益法人です。しかし、その支出のかなりの割合が棋士への報酬となっており、「普及開発支出」は1%未満しかないそうです。 7月31日に日本将棋連盟の公益性で「棋士の互助組織であってはいけないということですね」と指摘しましたが、現実にはどうでしょうか

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/08/2005

この週末も

日月で往復予定。まだジョギングは再開していない。1週間働くだけでへとへと。何とかしなくては。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/02/2005

体力をどうやって維持するか

実家に用事があってほとんど毎週帰省を繰り返している。幸い、うまく事前に良いタイミングで飛行機のキップを手配すれば体の疲れはさほどではないが、それでも時間繰りが厳しくなり、勢い、週末、運動に割く時間はなくなってしまう。早朝の軽いジョギングを復活しなければ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日曜投稿

週末は実家と往復。雑事も峠を越えて年末までには収束の方向。一安心。

ニフティでパイオニアのプラズマテレビのモニターを募集しているのを見て思わず応募。これ、ブログ上でモニターの様子を報告するという仕事がついていて普通のモニターと比べて大分モニターの「義務」の内容が違うというか義務が重いけれど、それはそれで何とかなりそうな気もして、まずは当選することが重要かなと、年甲斐もなくハッスル(この言葉を使うのは数十年ぶりかな)。きっと、無作為の抽選ではなく、それぞれのモニター志願者が何をしようとしているかをチェックして決定するのだろう。ブログのaddressまで記載するような応募フォームになっていた。

それで慌ててこうやってブログの更新をして審査パスを狙おうというのだから、私も小市民的。まあ小市民に違いはないのでこれは仕様がない。

昨日遅くに帰宅、羽田の京急乗り場で初めてスープストックに入った。トマトカレーにミネストローネ、飲み物がついて1050円のセット。同じカレーでもスープが付いているというのは健康的できっと女性の支持があるのだろう。品川にもあるし京急さんとは相性が良いのかな。

http://www.soup-stock-tokyo.com/3.0ourShops.html

今日はたまった仕事の片づけ開始。快晴に近い晴天で、近くでも運動会をやっているところがありそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »