« April 2005 | Main | June 2005 »

May 2005

05/31/2005

macroblog: The French Vote: The Bloggers Abuzz

リンク: macroblog: The French Vote: The Bloggers Abuzz.

The French Vote: The Bloggers Abuzz
Lots of good stuff:

Edward at A Fistful of Euros notes that Beijing has seized on the moment to harp about Euro-protectionism.

A Few Euros More reports that the Nordic countries are soldiering ahead.

Brad Setser wonders how this will affect Turkey's application to join the EU, and opines that the EU constitution woes will likely strengthen the dollar and be bad for the US.

Independent Political Blog follows up on the Turkey thought with a passage from a George Will column that includes this:

Here is one analysis of why the French may reject the EU constitution today. This constitution seems to be a synthetic construction by politically correct elites detached from real people and real life. In part, many French are afraid of losing their welfare system. But I'll bet the real, though perhaps unspoken, fear is of being swamped by Muslim immigration from Turkey.

Jane Galt believes the EU can live without the constitution, but non-growing pains in the eurozone are a really big deal.

The Prudent Investor agrees with Brad and Jane: "There is risk of a further weakening [of the euro] as Europe now faces not only economic but mounting political problems as well."

Daniel Drezner provides several interesting links, including the top four reasons the French said no, from the BBC. They are:


Dissatisfaction with the current French government
Worries (mostly misplaced) that the constitution moves the EU in an "Anglo-Saxon" direction economically
General concerns at the development of the EU, especially a perceived reduction of France's influence in the enlarged Union
Concerns at possible future membership of Turkey in the EU.

David K. Smith declares: "That should mean, after all the niceties, that the constitution, and the prospect of a UK referendum, are dead." EU Referendum is not sure, however. And The Diplomatic Times Review provides a link to a Deutsche Welle opinion column indicating that the Germans are undeterred.

About EU takes notice of a Reuters report that Ireland intends to forge ahead with its own vote on the constitution.

If this isn't enough, Instapundit has a load of links. And if that ain't enough, try Steeph.

UPDATE: Be sure to read godement's remarks in the comments section.

Continue reading "macroblog: The French Vote: The Bloggers Abuzz"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

A blogger tilts the French vote on Europe

リンク: A blogger tilts the French vote on Europe.

May 30, 2005 A blogger tilts the French vote on Europe Stephen Baker Bloggers played a big part in yesterday's historic French vote rejecting the European constitution. (I picked up this thread from Loic Le Meur, but couldn't find links on it in English) Perhaps the most important, according to the newspaper Liberation was a law professor named Etienne Chouard. His (French-language) site received 25,000 visits per day, and was linked throughout the French blog world. Blogs turned this professor into a national celebrity, one who went head-to-head with the leading French politicians. Now that he's got power and a platform, he's mulling leading a grassroots democratic movement in France. 04:02 PM

international

Trackback Pings
TrackBack URL for this entry:
http://blogs.businessweek.com/mt/mt-tb.cgi/915
Comments
Stephen,
Thanks for inserting an international perspective on blogging. Though I'm an American, after living in Paris for several years, I get a little tired back in in Washington D.C. of the "me nation" view we tend to have of blogging. Especially in politics, the French populace takes their voting rights more seriously than we Americans do. Consider this, in our 2000 presidential election, the turnout amongst registered voters was about 51%. In

Continue reading "A blogger tilts the French vote on Europe"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/23/2005

バックナンバーを読めるようにしました

右側のサイドバーに過去のログへのリンクを貼り、バックナンバーを読めるようにしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/22/2005

日曜ブロガー

週末に限って投稿するブロガーを週末ブロガーというーーのだろうと思いますが、それに
しても週末しか投稿できません。その週末も今週末は時間は十分にあったものの適当な話
題が思い当たらず。軽いか重いかのどちらか。まあもう少し自分の領域、カバー範囲を増
やせば良いのですが。というわけで、自分が幹事役で色々お世話をしているmailing list
の手直し等を何件か手がけただけで終了しました。来週末というか今週末は色々イベント
あり、自然体では難しそう。少し投稿のやり方を工夫したいと思います。今日は久々のモ
ブログでの投稿となります。自戒と反省の気持ちを込めて今週も自然体で過ごしたいと思
います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/16/2005

【速報】価格.comがハッキングで閉鎖、閲覧者にウイルス感染の可能性も : IT Pro ニュース

こわいですね、皆さんに被害はありませんでしたか。14日土曜日は私も危なかったですね。

リンク: 【速報】価格.comがハッキングで閉鎖、閲覧者にウイルス感染の可能性も : IT Pro ニュース.

[

[2005/05/16] バックナンバー

logo

【速報】価格.comがハッキングで閉鎖、閲覧者にウイルス感染の可能性も

 価格比較サイト「価格.com」を運営するカカクコムは5月15日、不正アクセスによる改ざんを受けたことで同サイトを一時閉鎖した事実を発表した。11日から14日にかけて、不正アクセスによる改ざんと対応を繰り返しており、その間にアクセスした顧客のパソコンは、ウイルスに感染した可能性がある。

 現時点で判明しているウイルスは「trojandownloader.small.AAO」と「PSW.Delf.FZ」の2種類。カカクコムによれば、ウイルス対策ソフト「NOD32」で対処が可能なことを確認している。他のウイルス対策ソフトについては、「最新の亜種と聞いており、正確な情報を得ることが難しい。現在セキュリティ・ソフト各社に確認中で、詳細が判明し次第、報告する」(同社)としている。

 同社が保有しているメール・アドレスが不正アクセスの犯人に閲覧された形跡があり、2次被害の発生も懸念される。なお、メール・アドレス以外の個人情報に関しては、閲覧された形跡はないという。

 同社が異常を最初に発見したのは、5月11日のこと。警察当局などとも相談し、サイト運営を続けながら24時間体制で改ざんの影響を調査して随時対策を打っていたが、5月14日午後2時ごろにサイトを閉鎖。同日午後10時ごろにプログラムを修正してサイトを再開したが、すぐに不正アクセスによる攻撃が発生したため、サイトを全面閉鎖した。

 カカクコムは、「日ごろ当社サイトをご支持頂いている方々には、大変なご迷惑をお掛けすることとなりましたことを心よりお詫び申し上げます」と陳謝している。本件についての同社の問合せ窓口は電子メールで、support@kakaku.com。

広岡 延隆=日経コンピュータ

バランサーとサーバ増強で攻撃に対抗するのは間違っています。不正トラフィックの排除は専用機で

関連記事
<“不正アクセス”関連>
イーバンクのフィッシング対策,プロバイダを制限するサービスを開始 (2005/05/13)
【CRYPTO-GRAM日本語版】学生がハッキングで成績を改ざん (2005/05/06)
NISCが正式にオープン、国家レベルで情報セキュリティ諸問題に取り組む (2005/04/25)
Windows Updateの偽サイト出現、フィッシングの可能性 (2005/04/07)
ネットを蝕むのはフィッシングだけじゃない、DDoS攻撃も「高度なものだけで1日60件」 (2005/04/06)
英BT,米MCI,NTTComなど,ネット攻撃情報交換の団体を結成 (2005/03/29)
ACCSの情報漏洩事件、元京大研究員に有罪判決 (2005/03/25)
UFJ銀行をかたった日本語フィッシング・メールが発生 (2005/03/15)
「通信のリアルタイム記録・解析を武器に市場をとる」、米国のセキュリティ・ベンチャー幹部 (2005/03/03)
不正アクセスの届け出が大幅増加,総務省などが報告 (2005/02/25)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/15/2005

RSSリーダーソフトには何を使いますか

Bloglineがまた週末というのに(週末だから何でしょうが)ダウンしているので、バックアップの為に別のRSSをまとめてみるサービスを手配しておこうとニフティのサイトを探す。2、3無料のものを試してみたがどうもうまくいかないのでメーラータイプのものの一番上にあったHeadline-Readerを選択する。ダウンロードした見た目にはNifxとかいう名前のまとめてニフティのフォーラムの会議室を見に行くものに似ているような気がする。見出しだけであればオフラインでも利用できそうなのが魅力。ただ、そこでダウンロードの予約ができれば良いのだがその場でオンラインで記事を読みに行かないと行けないようだ。ブロッグを大量に読んでおられる先輩諸氏はどうしておられるのだろう。
http://www.infomaker.jp/

数年前であればニフティにブロッグフォーラム?といったものが誕生し、そこのメンバーになってブログの知識を仕入れるということになるのでしょうが。全くThe World is flat.(Thomas L. Friedman)ですね。

(5月14日15:40p.m.)どうもBloglinesでは難なくフィードが読める一部の新聞のインターネットサイトをこのHeadline-readerに読み込ませようとするとうまくいかない。何か技術的なものでしょうか。普通の個人の皆さんのブログはちゃんと認識し登録できるのですが。

(5月14日21:10P.M.)多少GoogleでRSSリーダー+比較で何か情報がないか検索してみたが、どうも私にぴったりの記事にすぐには当たらない。以下の方のページは昨年のものだが非常に良くまとめられているのでとても感心した。

http://park8.wakwak.com/~da101/other/rss/rss.html

私の場合の問題は、先にも記したブログによってといいますかRSSリーダーの多少の仕様の違いのせいかRSSを発していないものもきちんと読み取って欲しいということ(Bloglinesで読み取っているわけですから何か技術的な問題でしょう)と、それと自宅とオフィスの両方で同じブログを読みに行く様に設定したいということ。この後者のリクエストが結構強いので、メーラータイプのものでもオフィスと自宅のものをうまく同じにしないと意味がなくなります(これは何かできそうですが)。ただ、メーラータイプのものでは変更を加えた場合に一々他方も直さないと行けませんね。まあ、仕事関係のものはそんなに頻繁に見直しをすることはないと思うので実害はあまりないのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/14/2005

興味有り [N] PHS網を利用した組み込み通信サービス

私の場合は、逆に親の様子をみるための用途の方が重要ですね。検討してみましょう。でも本当に月500円で済むのかしらん。

例えばですよ、遠くに離れたおじいちゃんおばあちゃんだったら、孫の顔を毎日見るために、24,800円のおもちゃを購入して月額500円だったら支払っちゃいますよね。

リンク: [N] PHS網を利用した組み込み通信サービス.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

送金取引に使いたい通貨、一位は、日本円!! BizSTATION ブログ: <アンケート企画>結果発表!!

円の国際化の関係では何かヒントのようなものを感じませんか?

リンク: BizSTATION ブログ: <アンケート企画>結果発表!!.

送金取引に使いたい通貨、一位は、日本円!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

香港パラダイス

といっても映画のタイトルの方ではなくてニフティのフォーラムです。うっかりしているうちにニフティのフォーラムのサービス終了のスケジュールに合わせて先月末でクローズされました。ニフティのフォーラムについては郷愁を込めてブログで書いておられる方に何人も出会ったような記憶がしますが、自分自身がお世話になったフォーラムが閉鎖されると、やはり実感も強いものです。私自身は残念ながらオフ会に出席することは結局なく、従って匿名あるいはペンネームでのおつきあいですが、同時にこのフォーラムがメインテーマとしている香港も遠くに行ってしまったような気がして寂しくなります。どこかでこのフォーラムが形を変えて復活しているのではないかと思いますがまだよくわかりません。人生の出会いと別れ、また再会のチャンスがあればと切望しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

書くべきことはあるはずだが

いつもありがとうございます。あざらしサラダさんの指摘に同感です。新聞社の行動綱領のようなものが日本はやや特殊なのかもしれませんね。あるいは新聞記者が自ら名乗らずに行動することの多い日本の慣行、慣習が特殊なのかもしれません。何か数週間前に日本の記者クラブは各新聞社の企業としての枠を越えて若手新聞記者を鍛える場だといった意見を読んで違和感を覚えたような気がしますが、新聞記者の皆さんそれぞれが自分の名前、評判を、まだ若いうちから賭して仕事をするといった風に変化していかなくてはならないのではないでしょうか。むろん、所属する新聞社が必要なsupportや場合によって保護は与えるとしても、何かそんなような気がします。

リンク: あざらしサラダ.

 しかし、この談話に書かれているように、読売新聞が本当に今回の事態を重く受け止めているのであれば、「報道倫理」について社説でまで取り上げて問題提起すべきテーマは、「TBSの盗用問題」ではなくて自らの報道倫理問題ではないでしょうか。
 私は、自社が「報道倫理」に関する不祥事を起こしているにもかかわらず、わざわざ他社の不祥事を取り上げて批判するこのような読売新聞の姿勢に、「本当に事態を重く受け止めているのだろうか」と疑問を抱いてしまいます。

 読売社説も、せっかく「報道倫理」をテーマに問題提起するのであれば、ぜひともこうした観点からマスコミ全体の報道スタンスが脱線していないか、を問うような問題提起をしてほしいと願ってやみません。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

05/10/2005

Lawrence Taubさんの著作他

Laurence TaubさんのThe Spiritual Imperative, Sex, Age, and the Last Casteをこのゴールデンウイーク中にかろうじて通読した。部分、部分で理解が難しい箇所にいくつも出会ったが、それらはきっとTaubさんにもう一度お会いする機会にお聞きしてみようと思う。

人類史の過去に加えて21世紀中を展望する壮大なスケールの著作である。かつ、ひとつひとつの英文は基本的に短くわかりにくい表現は極力回避されているので、読んでいてとても爽快である。不思議な感覚である。

それと、普通陥りがちな、現在の延長線上で未来を見るような考え方がなく、その点でも新鮮に感じた。どうも私自身が同じパターンの反復あるいは慣性の法則のような考え方に既にとらわれているということを、強く感じた。

Taubさんに感想をメールで送らないといけないが、まずそのための考えを整理したいと思っている。でも、研究者のような分析はちょっと今の私には重荷だ。

さて、この本と出会った際に、芋づる式に出会ったThomas Friedman氏のThe World is flatを実は相前後して入手していたが、これも連休末日より読み始めた。もう仕事も本格的に始まり実は結構建て込んでいてしばらくは読み進めるのが難しいが、この本も私にとっては想像を上回る魅力的な本だ。The Lexus and the Olive Treeのときは注意力ならぬ集中力散漫で一つ一つの小話に十分ついていけなかったが、今回のものは違う。ついつい通勤電車の混雑を考えるとせいぜい新書版での読書や仕事関連の読み物(むろん周囲からのぞき込まれても差し支えないもの)が中心だが、荷物の少ないときは帰宅途上で読むのも悪くない。人生、やはり生きていると色々面白いことに出会うし、読書も意外なところに意外な掘り出し物がある。そのうち日本でも訳書が出版されると思うが、自分に鞭打ってミーハー的に原書発売から1ヶ月余りで追いつこうとしてみている次第。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/08/2005

i d e a * i d e a - 海外サイトの歩き方(瞬間単語訳の巻)を読んで

ありがたい辞書サービスを教えて頂きありがとうございます。英辞郎とうまく使い分けしたいと思います。英和も良いですが英英も便利そうです。

リンク: i d e a * i d e a - 海外サイトの歩き方(瞬間単語訳の巻).

(5月15日)ひなたぼっこさん、ありがとうございます。改めて参考にさせていただきました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

05/07/2005

英文でのJR西日本脱線記事報道

どうもこういう記事にあたるとちょっと怖くなります。寄せられているコメントは今見た限りではmoderateな内容ですが、記事自体は日本がベーシックな倫理を忘れてしまったのではないかという書き方。この方が怖い。こういった誤解を解く必要があります。それにしてもA recent study revealed that more than 40% of new recruits in Japan would commit illegal acts if they felt it would help the company or if they were asked to do so by the company. Especially young people unquestioningly follow the company’s “manual”, even when it doesn’t make sense, or when a customer requests a simple change. とかかれている調査って何かありましたっけ。思い当たらないなあ。もっと怖い話ですね。

海外の誤解を説く努力も必要になってきたかもしれません。

http://japundit.com/archives/2005/05/06/592/

Victims All of this inspires Kjeld Duits to ask if Japan has forgotten basic human values.

It is clear now that the 23-year-old driver of the train drove at more than 100 kilometers an hour in a curve that had a clearly displayed limit of 70 kilometers per hour. He broke his company’s strict tight time schedule, and to make up for that he also appears to have broken the company’s speed limit. He clearly didn’t ask himself if what he was doing was the “right thing” to do.

A recent study revealed that more than 40% of new recruits in Japan would commit illegal acts if they felt it would help the company or if they were asked to do so by the company. Especially young people unquestioningly follow the company’s “manual”, even when it doesn’t make sense, or when a customer requests a simple change.

Anyone who has lived in Japan for any length of time will easily recognize the “manual” mindset of Japanese workers. Following the “manual” frees one from the need to think. Not thinking frees one from the need to accept responsibility. And there are times when I think avoiding responsibility is the overriding concern in Japanese business.

(7日11:23a.m.追記:表題を「海外での」から「英文での」に変えました。筆者がどこから発信しているのかわからないので。ただ英文での情報発信はオピニオン形成の力がありますから、メジャーな考え方を形作る可能性があります。要注意と思います。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

登録していないBlogは中国ではアクセスできなくなった

中国では最近のルール(規制)変更により、登録していないブロッグにはアクセスができなくなっているらしい。ルール自体も中国らしくてすごいけれど、そういったことを可能にする中国のwebテクノロジーの進歩もすごいと思ってしまうのは私が素人だからだろうか?

リンク: Meta.

Chedong told me that some more blogs in China can't be accessed because they didn't register their site following recent regulation to force any non-commercial web sites hosted in China to claim their site in a central gov database.

A populat blogger, Topku, also a guest blogger on cnblog, said that his blog site was stopped by ISP without any noticifation. ISPs' working model is to shut down any hosting site first, then request the user to claim their site to restore the service.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/06/2005

(東京三菱銀行)BizSTATION ブログ: 外為でも業務フローをそのままに

リンク: BizSTATION ブログ: 外為でも業務フローをそのままに.

皆さんご存じでしたか?意外と知られていないのではないかしら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/05/2005

Finland for Thought ? iPod tax coming to Europe | Politics, current events, culture - In Finland & United States

Thank you for the information, Finland for Thought. I hope that the tax authorities in other countries would not hit the similar idea.

リンク: Finland for Thought ? iPod tax coming to Europe | Politics, current events, culture - In Finland & United States.

http://www.theregister.co.uk/2005/04/27/netherlands_ipod_tax/

The Netherlands’ government are planning to levy a tax on iPods and other mp3 devices. The bigger the hard drive on the device, the bigger the tax - if the legislation is enacted, the tax will be as much as ?3.28 ($4.30) per gigabyte. The 60GB iPod Photo would rise in price from ?469.00 to ?665.00 - adding close to ?200 to the price of the player. Lobby groups obviously see this as a victory and will expand their lobbying efforts around Europe.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

上昇気流なごや: ゴールデンウイーク を読んで

こういった考え方に同感です。職業柄大事にしなくてはいけないものが間違いなくあります。問題はそれを一般の人々が理解してくれるかどうか、さらには、理解できるような内容の内部ルールあるいは自己規律があるかどうかかもしれません。「上昇気流なごや」さん、いつもブログ拝見して楽しませて頂いています。

リンク: 上昇気流なごや: ゴールデンウイーク.

新聞記者は直接命を預かる仕事ではないが、何か災害があった時には、まず会社に集合することになっている(はず)。10年前の阪神淡路の大震災でも同じだったが、自宅が壊れたり、けが人がすぐ近くにいれば、そういうわけにもいかない。
 アフリカだったか、ハゲタカが幼い女の子を狙っている写真を撮影したカメラマン(記憶があいまいで申し訳ないが、その写真でピュリッツァー賞を受け、その後、自殺したと記憶している。違っていたらごめんなさい)は、なぜ救出せずに写真を撮っていたのかと批判された。ずっと昔、宇高連絡船だったか、多くの乗客を乗せた船が沈没しようとしている写真を撮ったカメラマンも、同様の批判を受けた。誰かがが「写真を撮ったうえで救助に当たればいい」と言っていたが、私もそれでいいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雑談日記 (徒然なるままに、、。): 「マスコミ批評」のカテゴリーを作りましょう。を読んで

マスコミ批評というカテゴリー作ることに賛成です、雑談日記さん。批判もあれば賞賛もあるというニュアンスに同意します。

もっとも、記事の引用についてマスコミとブロッガーは潜在的に対立関係にあります。讀賣新聞さんのように各記事に無断引用を禁止すると明記していなくても記事を正式に引用するには各新聞に了解を求めないといけないというのが最近のルールの様です。ブロッガーのアキレス腱かもしれませんね。引用するときはフル引用ではなくまた自分の意見を相当入れるということで多少は軽減されるにしても程度問題かもしれません。この点で日本がこのあとどのようになっていくのかという点に関心があります。

また、このところCNNの記者問題などで出ているようなブロッガーの力が非常に大きくなっていること、これもプラスマイナス両方ありますね。どこかでブロッガーが自らを律するような仕組みを作ることが必要かもしれません。ブロッガーが寄り集って作るインターネット新聞の様なものが力を得てそこに寄稿できるかどうかがブロッガーの評価につながるといった風に進んでいくのかもしれません。欧米のブロッガーは数も多すぎてそのように取捨選択していかないと私自身ついていけないという問題もありますが。

リンク: (徒然なるままに、、。): 「マスコミ批評」のカテゴリーを作りましょう。" href="http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2005/05/post_266d.html">雑談日記 (徒然なるままに、、。): 「マスコミ批評」のカテゴリーを作りましょう。

http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2005/05/post_266d.html.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あざらしサラダ:★マスコミの皆様へ【緊急要請】を読んで

同感です。非常に時宜を得た指摘と思います。このようなことで重要度の高いニュースが漏れていくのは残念です。

さて、疑問に思っているのですが、電車のブレーキというのはかなり特殊な技術、経験を要するのではないでしょうか。車のブレーキの様に簡単ではないような気がします。その点で十分な技術移転、教育がなされていないのではないかという想像を持っています。どうなのでしょうか。その線の特徴を頭に十分入れてはじめてベストな運転(スピードやブレーキのかけ方)ができるような気もします。

リンク: あざらしサラダ:★マスコミの皆様へ【緊急要請】.

●JR西日本の脱線事故を受けて、各マスコミは、普段ならニュースにならないような鉄道のオーバーランを、このときばかりと報道しています。

○今朝のテレビニュースでは、「多くの運転手の方々がミスしてはいけないと必要以上に緊張しているのではないか」と述べていましたが、こうした報道が、多くの運転手の方々を必要以上に緊張させているのも事実だと思います。

 今日も、東京で、大阪で、日本全国で、私も含めて多くの方々が電車に乗車しており、私たちは、できればそのようなプレッシャーでガチガチになっている運転手の方が運転する電車には乗りたくありません。

○マスコミがニュースとして報道する際の「ものさし」は、そのときの世論が興味ある事実に偏るものかもしれませんが、多くの乗客が安心して電車に乗車するためにも、鉄道のオーバーランについてだけは、どうかこれまでどおりの「ものさし」で報道するようお願いします。

| | Comments (1) | TrackBack (3)

05/04/2005

The .NET Show: The Future of the Platform

リンク: The .NET Show: The Future of the Platform.

面白そう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SONY PEG-NV70復帰

PDAとして3年前に買ったSONY CLIEのPEG-NV70を修理に出し復帰させた。実はPDAを買い換えようか大分迷ったが今の私の使い方だと、この古い機種の上がったバッテリーを交換してある程度使えるようにしてもう2年程度使い回すのがベストだという結論に達した次第。

どうもPDAというのは、キーボードや手書き入力とか色々あるが、メモや原稿を作成するには不向きだと思う。SONYのこの製品を買ったのも小さいながらキーボードが付いていたからで、それはそれで反応は余り良くなかったが通勤途上電車で立っていても何とか文章をぽつぽつ書くことができるという点では便利だった。ついでにアクセサリーとして後に出たキーボードも買った。でもそれ以上にこのPDAを特に持ち運ぼうという気にならない。それはパソコンに比べてやはり使い勝手が遙かに劣るからだろう。

今の使い方は、朝、ニュースをダウンロードして電車が混んでいて新聞が読めないときに読むというものだが、これもRSSが登場し後でまとめてBloglineなどで読む方がよほど簡単だしかなりの数の記事が読める、インターネットのページサーフィングでは記事の下の層におりていくとメモリーがいっぱいになってしまう、ということで余り意味がない。

スケジュール管理とメモ帳だが、スケジュール管理ではアナログの手帳に優るものはないし、スケジュールを同僚と共有しようとするとweb上のスケジューラーに入力する方が基本になってしまう。精々メモ書きか。これはまだ意味がある。To-do listは使い勝手が悪いので使わなくなったがメモ帳に箇条書きでペンディングを書くのはまだまだ有効だと思う。繰り返し反芻したり確認したりできるからだ。

青空文庫で無料でダウンロードした書籍を入れて読むということも少し行った。既に森鴎外とか著作権が切れている人達のものは読めるのでこれは便利。何よりも追加で費用が発生しないのがよい。

でもこの程度だ。

パソコンの軽量化が進み、小さなパソコンを家ではモニターにつないで使っていると、いざというときにはパソコンを持ち出せば良いということになってしまう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/03/2005

できる人間は情報収集/検索に長けている を読んで

昨年のブログなのですが、今日目にし、大変刺激的なブログで参考になったことを記録に残します。紹介いただいているブログの中には既にチェックさせてもらっているものもあれば初見のものもありました。

情報収集はとても重要。新聞を読むにしても後で使いそうなものはスキャンするなりあるいはインターネット版をファイル(これはほとんどがpdf)に取るなり、それと一般に公開していないブログに記事を載せる(これが意外と有効なような気がする、pdf fileに転換する作業に比べれば時間をあまり取られないので。)といった方法。次はこの収集した情報をどう読んでどう整理していくかということ。この段階の処理が問題。どうも紙にプリントアウトしないと読みにくい。プリントアウトしてしまえば、斉藤孝さんの三色ボールペンで紹介された手法等でかなり効率的な処理ができるようになりました。ただ、プリントアウトしないで読んでその印象をうまく残す方法をまだ十分に身につけていません。まあのんびりと読むことを楽しんでいる分にはそれで良いのだが何かアウトプットを出そうとすると頭の中にきちんと入れて熟成するのを待つか、ボールペンで紙の上に書いてみるしかなさそう。

リンク: できる人間は情報収集/検索に長けている : NDO::Weblog.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »