« 対米外交 | Main | 調査と営業 »

02/03/2005

成果物の質を維持すること

年々、よりレベルの高い成果物(報告書)が求められるようになってきています。それは色々な理由、背景に基づくものですし、委嘱を受ける先もASEAN事務局、アジア開発銀行と国際機関になってくると事情も異なります。

その中で必要なのは成果物、報告書の質的なレベルの維持です。

ではどうやって質的なレベルの維持を図るのでしょうか。

第一は、スポンサーの意向の尊重です。顧客満足と呼び変えても良いでしょう。ただ、その前提は顧客満足について顧客の動向をかぎ取るアンテナ、嗅覚がとぎすまされていることが必要です。必要とされる分野についての専門知識も必要でしょう。顧客が日本語ではなく英語を選好するのであれば英語の力も必要でしょう。

第二は、調査能力の向上です。これは人から言われて向上する部分はさほどなく、むしろ自分で心がけ磨いていく部分が大きいと思います。人のやり方を盗むことも必要でしょう。このあたりが上手な人はそこかしこにいます。

第三は、やはり時間をかけることです。残念ながら、作業にかける時間は絶対的に不足しています。特に、まだ調査になれていない人の場合はなおさらです。基本的な資料の読み込みなどには十分時間をかけることが必要です。

皆さんはどう思いますか?何か意見があれば聞かせてください。

|

« 対米外交 | Main | 調査と営業 »

message from coordinator」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13808/51292807

Listed below are links to weblogs that reference 成果物の質を維持すること:

« 対米外交 | Main | 調査と営業 »