« 大晦日の大雪 | Main | 自然破壊とスマトラ沖地震 »

01/03/2005

津波への日米の対応

冷泉彰彦氏が村上龍さんのメールマガジンで興味深い寄稿をされている。
http://ryumurakami.jmm.co.jp/
米国が軍事衛星でスマトラ沖地震をいち早くキャッチしていたはずということと、米国メディア、政治家の対応の早さと一時帰国中の日本で感じた無反応を対比させたもの。
もっとも、9/11 Commission Reportを読んでいると(まだ読み終わっていないが)、この様な大事件でも米国ですら初期対応には色々問題がありそうなことが想像できる。おそらく、大変早い時期に大地震を察知はしていたものの適当な対応ができなかったというところだろう。ネットワークさえ事前に作り、津波の恐ろしさを事前に徹底させておけば、助かった人命が相当あったことは間違いない。
それと、日本人の行方不明者が100人ということだが、まだ感覚からいって少ない気がする。といっても、被害がこれ以上拡大しないことを祈るばかりです。

|

« 大晦日の大雪 | Main | 自然破壊とスマトラ沖地震 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13808/57979428

Listed below are links to weblogs that reference 津波への日米の対応:

« 大晦日の大雪 | Main | 自然破壊とスマトラ沖地震 »