« December 2004 | Main | February 2005 »

January 2005

01/30/2005

Forumblog.org - The World Economic Forum Weblog

World Economi c Forumの非公式weblkogが昨年4月より存在していたようだ。筆者は同フォーラムのwebを見ているというからかなり関係はある。ジャーナリズムの世界に近いところではこのような自由な試みが可能になるのだろう。

Forumblog.org - The World Economic Forum Weblog

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Why There's No Escaping the Blog - FORTUNE

備忘、要再読。

Technology - Why There's No Escaping the Blog - FORTUNE

| | Comments (0) | TrackBack (0)

医学部や医科大学の改革-埼玉医大が医局改革、権限集中から分担へ

医学部、医科大学に限らず、大学教員全体の問題ではないだろうか、分担の必要というのは。一部には雑務的なものもあるだろうし、引き受ける本人は雑務と考えて引き受けるものもあるだろうが、一方で視野を広げ、回り回って知的刺激ともなりうる可能性があるということを考える必要があるだろう。

埼玉医大が医局改革、権限集中から分担へ - asahi.com : サイエンス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/24/2005

When blogging can get you locked up | Perspectives | CNET News.com


When blogging can get you locked up | Perspectives | CNET News.com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/23/2005

コミュニケーション力

斉藤孝さんの書かれたものを最近いくつか読みました。その中に岩波新書で「コミュニケーション力」というのがあります。

当研究所の様に、実地調査で、現地の関係者と面談したり、現地の当局関係者とプロジェクトの進め方について議論をしながら進めていく場合には、相手とのコミュニケーションが非常に重要になります。一方的に、現地関係者にインタビューをしてそれを日本語の報告書に落とし、その内容について不審点も含めてインタビューした人達に確認もしないで一方的に報告書に書いてそれでおしまい、といった方法は国際通貨研の場合には、全く通用しません。

その場合に相手がどのような文脈で発言をしたのか、こちらのどの発言、問題提起に対してそのような発言をしたのか、というのは非常に重要なポイントです。文脈を無視してこちらの枠組みの中に相手の発言を組み入れるのは、非常に危険です。むろん、原稿に落とし整理する段階でそのような作業が必要なこともありますが、書いた本人は、恒にもともとどのような文脈で出てきた発言であるかを、少なくとも自分の備忘を見れば再現できることが必要だと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鳥インフルエンザ(ベトナムとタイ) Alarm over rapid spread of bird flu - Jan 23, 2005

ベトナムの鳥インフルエンザの報道、ASEANに来てみると当然取り上げ方が大きい。香港のサウスチャイナモーニングポストの金曜日のものにも中の記事ながらきちんと概要の説明があり、昨日付のシンガポールのStrait Timesではトップ記事。既にタイで12人ん、ベトナムで26人、合計38人の死者。ベトナムでは、北部のラオスとの国境近くと、南部のカンボジアとの国境近くと感染者の発見された地域は2つに分かれている。放置すると人から人への直接の感染の可能性が出てくる模様。しかし、ベトナムでbloddy duck puddingだったか(以下の報道ではないが)、人気のある料理があるようだが、生で食べたのでは広がるでしょうね。

Alarm over rapid spread of bird flu - Jan 23, 2005

| | Comments (0) | TrackBack (0)

海外での携帯電話

レンタル料が高いですね。レンタル料が無料になるものは今度は通話料が高い、一分間240円じゃあ、おちおち話せない。受信もかかるわけだし。緊急連絡用に持っているだけですな、こういうのは。

こうなると日本の携帯電話で海外でも使えるものがそろそろドコモでも出てきているからそれを買った方が安上がりになるかもしれない。でもドコモのはまだ20千円以上するようですね。どの辺が採算分岐点?でしょうか。

でも、昔は、日本電信電話公社殿に、実家に電話をしたり、遠くの彼女に電話をするために、100円玉を何個も握りしめて黄色い公衆電話に行ったことを思えば安いか。いや、あのころ公社殿に払いすぎたんだ。返して欲しいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/21/2005

アジアに広がる焼酎ブーム 日系駐在員から浸透 - asahi.com : 経済

アジアに広がる焼酎ブーム 日系駐在員から浸透 - asahi.com : 経済

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/20/2005

3ミリ以下のがんも短時間で発見、次世代撮影機を試作

PET検査を受けた人には生命保険料を割り引くとかそういう保険会社があっても良さそうなものだが。

3ミリ以下のがんも短時間で発見、次世代撮影機を試作 - asahi.com : サイエンス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dell expands lead in still-growing PC market

世界のパソコンシェア Dellが好調の様だ

Dell expands lead in still-growing PC market | CNET News.com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Conversations Without Boundaries: Earthlink's Blog

Sotto Voce: Conversations Without Boundaries: Earthlink's Blog

Continue reading "Conversations Without Boundaries: Earthlink's Blog"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The Clingan Zone

The Clingan Zone

Continue reading "The Clingan Zone"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Masood Mortazavi's Weblog

Masood Mortazavi's Weblog

Continue reading "Masood Mortazavi's Weblog"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/19/2005

アジアクリアープロジェクト

アジア開発銀行よりの委嘱で、アジアクリアープロジェクトが始まりました。客員研究員の三山修さんにヘッドをお願いし、市橋さん、荒井耕一郎さん、そして、当研究所では、糠谷さん、亀井さんが参加しています。

アジア開銀に依頼しているのは、ABMIの決済、外国為替管理を担当するワーキンググループです。われわれ国際通貨研チームの他に香港在のバレリー・マクファーレン女史がコンサルタントとしてこの仕事を受けています。

従って、報告も英語で作成しますし、関係者、即ちバレリー女史の他、アジア開銀の各スタッフとのコミュニケーションも全て英語となります。

また、これまでの調査は各国のCentral Securities Depositoryのリンケージを提案しようとするものになっていますが、そのアイディアだけでは市場関係者の興味関心を呼び起こすだけのインパクトを与えることが出来ません。より実務家が興味関心を示すものを織り込む必要があります。それがリスクではないかと考えて作業をしています。また、欧州の経験も踏まえながら実は東アジアでの地域金融協力を進めるという側面からのインプットも必要と考えています。

実は、私もこのワーキンググループ(ワーキンググループ3)の会合に隣接して開催されたワークショップに、2002年10月のことですが出席し、財務省より委嘱をうけた「東アジアの決済システム」について説明を行いました。その際に、このアジアクリアー調査の話も出たことを覚えています。決済という側面は、金融機関出身者にとっては取り組みやすい課題ですし、特に、三山さん、市橋さんは、custody関係を含めこの分野では幅広く深い実務経験を持っておられます。今後の、当研究所の一つの重要な柱になりうる分野と思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

車田直昭さんご活躍を祈ります

18日の日経新聞27ページに「楽天・松井の商品先物参入」と題した記事があり、読むと経済産業省で商品先物行政を担当された車田直昭氏がインターネット取引専業の商品先門会社ドットコモディティを設立したとの記事があり、車田さんとはある集まりで何回かお会いしたことが数年前にあるが、篤実なお人柄の方。ご成功を心よりお祈りしたい。

日経プレスリリース

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユーロ高がアップル社製品のpricing批判へ European Mac fans call Mac Mini pricing unfair

European Mac fans call Mac Mini pricing unfair | CNET News.com

このところ好調なアップル製品の欧州でのpricingについて今のユーロ高の為替相場からみると欧州での価格が高すぎるとの抗議が起きているとの話。pricingはむろん企業の自由だが、このような形でユーロ高が問題にされ、アップル内部のpricingが問題にされるのは興味深いところ。それだけマックユーザーにはアップル社製品への思い入れが強いのだろうか。

Apple Computer's "most affordable" Mac--the Mac Mini--has drawn a storm of protest from European shoppers, who are petitioning the Mac maker to bring EU pricing better in line with that of the United States.

The online petition states: "We'd like to make an appeal to Apple on the pricing of the new Mac Mini in the European Union. Basing on the last long-term rate of exchange of U.S. dollars to euros (and vice versa)--which is 1.3293 on the spot market, so let's say 1.32--both announced prices of the Mac mini in Europe, 489 euros and 589 euros, respectively, are much too high."

The petition also states that German users come off particularly badly in the pricing scrap, with an extra 50 euros for the lower spec Mac Mini and 60 euros for the higher spec machine.

The petition's writers also claim the higher EU pricing is counterproductive for Apple's business strategy and would serve to discourage potential PC to Mac switchers.

So far, the petition has attracted more than 2,000 signatures from across the European Union.

One petitioner, 'Ronald', wrote "Europe is as big a market as the United States, so the prices should be similar!" Another, Walter Vermeir, added: "I like the Mac but not the price."

U.K. customers will also be forced to pay more than their counterparts across the Atlantic. The cheaper Mac Mini sells for $499 in the United States around 268 pounds. However, to buy the same Mac in the United Kingdom would cost 339 pounds.

One U.K. resident, Steve Netting, who signed the petition, said: "We always get ripped off in the UK. Would be great to finally see a company treating us as equals."

It's not the first time Apple has faced the ire of customers over differences in European pricing.

In December, the Office of Fair Trading referred a complaint over the iTunes music store to the European Commission, claiming the almost 10 pence difference between the prices U.K. and EU customers pay is discriminatory.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/15/2005

ベトナム State Bank Expands Individuals' Forex Rights

http://www.ven.org.vn/print_news.php?id=2520

The State Bank of Vietnam has recently announced Decision 1452 on foreign exchange by credit institutions and for the first time permitted individuals to conduct term foreign exchanges and currency option transactions with banks.
Director Truong Van Phuoc at the Foreign Exchange Management Department of the State Bank says term exchange is suited to those having foreign currency (such as foreign currency depositors), who now can sell currency to a bank over a term for a higher price than selling it at once.

In cases where individuals need to use foreign currency for legitimate purposes, such as studying and treating diseases in foreign countries, they are advised to buy the right to have this currency option to prevent risks caused by changes in the exchange rate.
Tung Lien

Ministry of Tradeが刊行しているようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ベトナム Forex Changes for the Best

http://www.ven.org.vn/view_news.php?id=2946
ベトナム関係の情報 空港ラウンジにある雑誌で気になっていたが、検索すると出てくる。

The State Bank of Vietnam’s foreign exchange management policy for further globalization aims at increasing the efficiency of state management and its role in macro regulation, while at the same time improving enterprises' self-control, as outlined by the Enterprise Law. The basis for achieving the goal is to further reform administration and modernize the banking system, including liberalization of non-account transactions.
Liberalization of non-account transactions

The overseas remittance policy has been relaxed. Before 1990, a policy already existed to encourage overseas Vietnamese to send money to Vietnam. The policy, however, proved to be limited and did not actively encourage remittance to the country. Immigrants, for instance, were not free to bring foreign currency into Vietnam and were required to exchange foreign currency withdrawn from banks to Vietnamese dong in a limited amount each time of withdrawal, as well as to pay income tax.

Since 1990, though, these regulations have been scrapped and replaced with more liberal rules, including allowing cash remittance to receivers in foreign currency, while additional organizations, such as post offices, banks, and overseas remittance services companies, may now remit foreign currency. Charge regulations have been made more transparent, while remitted foreign currency does not need to be surrendered (meaning that money receivers are not required to sell foreign currency to banks), while income tax has also been dropped. As a result, overseas remittance increased impressively from US$35 million in 1991 to more than US$2.7 billion in 2003 and an estimated US$3 billion in 2004.

Liberalization of the policy on foreign currency surrender: Given Vietnam's transforming economy, its foreign currency surrender policy is considered a situational solution in order to collect sources of foreign currency at banks to pay for imports, and to reduce speculation and exchange rate pressure. However, the foreign currency surrender policy has been progressively liberalized. In September 1998, the Government announced Decision 173 while the State Bank of Vietnam issued Circular 08 to provide guidelines for observation of surrender regulations. Accordingly, business organizations that are based in Vietnam (not including foreign direct investment enterprises) and are not subject to the Government's balance of foreign currency, must sell 80 percent of their non-account income to banks. Meanwhile, non-economic organizations must sell 100 percent of foreign currency worth of their non-account income.

Following the policy on economic globalization in the trend of liberalizing non-account transactions, the surrender rate was progressively lowered to 50 percent in 1999, 40 percent in 2001, 30 percent in 2002, and zero percent since 2003.

Forex management policy toward capital transactions

Vietnam is in a period of constant change and development, which has led to a lack of domestic capital. Given this situation, capital transactions cannot currently be liberalized, and they continue to be controlled by the State to encourage capital inflows and limit capital transfer abroad.

Policy on foreign loans and foreign debt payment: In 1990, before the Vietnamese economy was opened, most Vietnamese debts were in the public sector. Capital was not optimally invested due to a lack of sufficient attention, careful estimation, sound debt strategy, a proper foreign debt management policy, and accurate predictions of the economy's ability to use capital. For these reasons, Vietnam could not pay its debts with the International Monetary Fund, while exports also reduced sharply due to political instability in other socialist countries.

However, since the economic open-door policy started in 1991, the Government has taken a range of measures to deal with long-standing debts, such as asking for debts to be forgiven, extending debts, making new loans and paying old debts, and setting aside part of the annual state budget for debt payment. As a consequence, Vietnamese debts with the London Club have been reduced by more than 50 percent, while MIB debts also fell by about 65 percent. This was a major step towards successful international integration.

In 1993, the Government announced Decree 58/ND-CP on management of foreign loans and foreign debt payment. In 1998 it issued Decree 90, which substitutes Decree 58 and further defines state agencies' role in managing foreign debts. In addition, more flexible regulations have since been applied to control enterprises' foreign loans and debts, which have given enterprises and banks the initiative in dealing with this issue. For example, the Government has abandoned regulations on interest conditions, enabled enterprises to open other capital accounts to receive and refund loans, and allowed commercial banks to identify L/C (Letter of Credit) safe limits. Management of foreign loans and foreign debt payment has changed from direct to indirect, which has step by step built a foundation for liberalizing capital transactions.

Policy on forex management in the field of foreign investment: In the past, FDI enterprises themselves had to balance foreign currency under their revenue and expenditure plans. Further, they were not allowed to buy foreign currency from banks (not including FDI enterprises operating in the fields of infrastructure or production of goods for import substitutions). Buyers of foreign currency must have a license. By the end of 1990, however, these regulations, including the licensing mechanism, were made null and void. FDI enterprises are now eligible for direct contact with commercial banks to buy foreign currency to meet the demand for non-account transactions.

Policy on foreign investors' indirect investment and Vietnamese enterprises' investment abroad: Vietnam now allows foreign investors to invest in a certain amount of bonds and shares of Vietnamese enterprises (following State Bank Governor Decision 998/QD-NHNN dated September 13, 2002, which stipulates forex management of foreign organizations' and individuals' stock trading at securities trading centers).

Because Vietnam still lacks capital for development investment, overseas investments by Vietnamese enterprises has remained limited, while enterprises intending to invest abroad must acquire a license from the Ministry of Planning and Investment. However, enterprises licensed to invest overseas are allowed to buy foreign currency at the commercial bank system for transferring investment capital abroad.

Overall, along with the process of internationalization, the State Bank's forex management policy has progressively been relaxed by allowing more non-account transactions and gradually liberalized capital transactions in pace with the process of international integration in the field of finance and money.
Source: Monetary Policy Department of the State Bank of Vietnam

--------------------------------------------------------------------------------

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ロケットがガンを生む?

スラッシュドット ジャパン | ロケットがガンを生む?

Continue reading "ロケットがガンを生む?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウエブを使ったサービスの値段は下げられる?Company offers 10GB of Net storage, for free

Company offers 10GB of Net storage, for free | CNET News.com

Continue reading "ウエブを使ったサービスの値段は下げられる?Company offers 10GB of Net storage, for free"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オフショアリングにもデメリットあり

Riding an offshoring backlash in Oklahoma | News.blog | CNET News.com

Continue reading "オフショアリングにもデメリットあり"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名古屋大学版ティーチングティップス

名古屋大学版ティーチングティップス、これは基本的なことから書かれていて参考になりそう。こういうものが国立大学にもあるのだ。茂木健一郎さんのブロッグで知った。

http://www.cshe.nagoya-u.ac.jp/tips/tips010/index.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/14/2005

出入国のチェック 

CNN.co.jp - ワールド

Continue reading "出入国のチェック "

| | Comments (0) | TrackBack (0)

瀧田あゆちさん

今週初めの全国紙で瀧田あゆちさんご逝去の記事を目にした。ご冥福を祈ります。1975−90年頃に社会人となった世代の人達には馴染みのある名前ではないだろうか。当時の日本航空の女性管理職の先駆けとして就職関係の記事などでよくお目にかかったようなきがする。享年72歳。合掌。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブロッグとビジネスの関係 Electronic Business - Blogs for business?

Electronic Business - Blogs for business? - 1/1/2005 - Electronic Business - CA489801

Continue reading "ブロッグとビジネスの関係 Electronic Business - Blogs for business?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/12/2005

Wikipedia Faces Growing Pains

Wired News: Wikipedia Faces Growing Pains

Continue reading "Wikipedia Faces Growing Pains"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Genetic HIV Resistance Deciphered

Wired News: Genetic HIV Resistance Deciphered

Continue reading "Genetic HIV Resistance Deciphered"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エイズに免疫を持つ人々の遺伝的特性が明らかに

Wired News - 「エイズに免疫を持つ人々」の遺伝的特性が明らかに(上) - : Hotwired

Continue reading "エイズに免疫を持つ人々の遺伝的特性が明らかに"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/11/2005

動機付け

Ashish Khushu's Weblog : Weblog

Continue reading "動機付け"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

RMB card services now available abroad

Xinhua - English

Continue reading "RMB card services now available abroad"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/10/2005

日本、インドネシアに16億円支援上積み タイの辞退分 - asahi.com : 政治

日本、インドネシアに16億円支援上積み タイの辞退分

タイの事態で金額の調整が必要になったようですね。

Continue reading "日本、インドネシアに16億円支援上積み タイの辞退分 - asahi.com : 政治"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

故郷で元気になる

松井秀喜選手は毎年根上町の実家に帰るだけではなく色々な行事に参加したり母校を訪問したりして過ごす。これは、ご両親をはじめ親戚縁者、友人、恩師の皆さんに会う、生まれ育った場所にお返しをする、といった作用以外に、松井選手に、力を与えているのではないかと思う。イチロー選手も同じように実家に戻っているようだ。

これは「基地と戦場」(京極純一氏)で展開される京極さんの説明を思い出させる。「明治維新以後、立身出世が門戸開放され、生存競争のなかで優勝して、富貴権勢を手にすることが正当な制度となった。出世をめざす人生行路を描くと、(立身出世という今来の神が憑依して)「志」を立てた人(元気人間)が、あるいは一門郷党の輿望を担って(氏神、祖霊の霊能に支援されて)歓送され、あるいは夜陰に紛れて出奔し、町場、市街地の競争の戦場に到着する。やがて、個人本位、個人リスクの激烈な生存競争のなかで人々は疲労し、その元気(霊力)は減衰する。人々は帰郷休息して故郷の自然と人情に触れ、元気(霊力)を回復して戦場に復帰する。氏神、祖霊のカバーする郷里は元気(霊力)の補給基地である。こうして、基地と戦場を幾度となく往復する生存競争のなかで、多くの人々が挫折するが、何人かは成功者となり、故郷に錦を飾る。多額の寄付は故郷の社寺、学校に様々な形で成功者の名前を留め、記念碑と銅像はその功業を後世に伝える。」(京極純一「日本の政治」p.195)

むろん松井もイチローも成功者。でも多かれ少なかれ故郷に帰って多くの人が元気を得ているはずだ。私もその一人。でも親も年老いた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/09/2005

読書する時間がない

時間がないない、というのは時間の使い方を知らないからだと良く指摘されます。その通りです。もっと時間に追われている人は一杯います。でも、時間をお金で買える人もいれば買えない人もいるというのも事実。家族との間ではお金云々では済まないことも多々あります。その中でどのように「折り合い」を付けていくか。何を優先させ、何を後回しにし、多少犠牲にしていくか、人生はそれらの織りなすゲームの様な気がします。主役は自分、でも与えられた環境、条件には中々シビアなものもあります。スマトラ沖の津波に遭ったのではすべてがご破算。そうなるリスクも恒にあるのだけれど、ならない可能性の方が遙かに大きいとして人生設計を立て、その中で、リスクにも備えるという行き方を普通するのでしょう。

最近の悩みは読書に割く時間の少なさ。むろん家族と過ごす時間の少なさ、運動不足、音楽など色々ありますが、読書が一番痛いように思います。試験の前になると映画を見に行く、というのは私の場合は軽い新書だからと自分に言い訳をして買ってきて読んでいました。今も同じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブログの影響力

シカゴ大学のDaniel Drezner助教授のサイトに、米国でもっとも影響力あるメディアは何かという話題を扱っているものがあって、Foriegn Affairsとか伝統的な固い雑誌、一流新聞がランクされているとの話。

http://www.danieldrezner.com/archives/001816.html

Erdos & Morgan という調査会社?が毎年調査を行うのだそうだが、先月直近の調査結果が出てトップ10は
Foreign Affairs、CQ Weekly 、The New York Times 、The Wall Street Journal 、The Economist (日本では毎日新聞の週刊エコノミストと区別するために「ロンドンエコノミスト」と呼びますね)、Harvard Business Review 、The Washington Post 、The New York Times Sunday Edition 、The New England Journal of Medicine 、そして、Science の順とのこと。450,000以上の各界で影響力のある人々を対象に調査している由。
で、最後のコメントが興味深く、テレビ会社などが登場していないのと、blogの影響力ってどうなんだろうというところ。

私はBlogの影響力はこれからますます強まっていくと思いますが、その強まり方について具体的なイメージまではありません。しかし、日本語で意見交換していても限界があるのは事実。特に「国際」が頭につくような分野では英語で海外の人達と頻繁に意見交換を行っていくことがますます必要になるのではないでしょうか。

そこで、ニフティさんに注文を付けさせて頂くとすれば、ココログプロの利用者にはweblogによって英語対応のframework(テンプレート プラス 色々な道具)をを準備して欲しいなということでしょうか。そうすると一人で日本語だけではなく英語のブログも同じサービスの中で運営することができるようになります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/08/2005

自民、シンクタンク創設へ 脱・官依存へトップは民間人 - asahi.com : 政治

自民、シンクタンク創設へ 脱・官依存へトップは民間人 - asahi.com : 政治

Continue reading "自民、シンクタンク創設へ 脱・官依存へトップは民間人 - asahi.com : 政治"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/05/2005

自然破壊とスマトラ沖地震

スマトラ沖地震は天災と思っていました。浅はかでした。珊瑚礁とマングローブを破壊してのリゾート建設や、さらには砂浜を切り取ってタイガープローンを養殖するという経済行為が、被害の拡大を招いたのではないかとの指摘を聞きました。今後、徐々に被害を大きくした原因について分析が進んでいくと思いますが、津波の観測と連絡体制にのみ問題があったのではないのでしょう。アチェ州では古老の教えとして汐が引いたら山に向かって走れという言い伝えがあった由、そういった古くからの知恵の伝承が、近年の経済発展で忘れ去られた処もあったかもしれません。今回の被害に匹敵する関東大震災もいってみれば都市化が被害を大きくした面があったと思います。今回の大被害から人類は何を学ぶことができるのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/03/2005

津波への日米の対応

冷泉彰彦氏が村上龍さんのメールマガジンで興味深い寄稿をされている。
http://ryumurakami.jmm.co.jp/
米国が軍事衛星でスマトラ沖地震をいち早くキャッチしていたはずということと、米国メディア、政治家の対応の早さと一時帰国中の日本で感じた無反応を対比させたもの。
もっとも、9/11 Commission Reportを読んでいると(まだ読み終わっていないが)、この様な大事件でも米国ですら初期対応には色々問題がありそうなことが想像できる。おそらく、大変早い時期に大地震を察知はしていたものの適当な対応ができなかったというところだろう。ネットワークさえ事前に作り、津波の恐ろしさを事前に徹底させておけば、助かった人命が相当あったことは間違いない。
それと、日本人の行方不明者が100人ということだが、まだ感覚からいって少ない気がする。といっても、被害がこれ以上拡大しないことを祈るばかりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/01/2005

大晦日の大雪

新年おめでとうございます。本年もよろしくお願いします。(と書かなくてはいけないですね。)

大晦日に珍しく10年超の中古車で六本木ヒルズに出かけた。最新鋭と思われる駐車システムを初めて体験して驚いたが、更に、帰途は大雪で久しぶりの緊張。坂道で発進できず難渋している車が何台も六本木の坂道にいた。炉路上をよく見ると一部車が何度も上を通るせいだろう部分的にアイスバーンになっているところがあって、この場所にいったん停車し発進するときは平坦なところでもスリップするのだ。ほうほうの体で、途中の混雑をさけ自宅に戻ったが、普段なら1時間程度で戻るところ2時間半を要した。機械式駐車場といっても定位置に車を止めるとそのまま運んでくれ、出庫時には精算をすませると自動的に出庫が始まり、出庫までの時間が待合室にスクリーン提示される。これなら10分100円という駐車料もまあ許せるかというところ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »