« 企業倫理・透明性など | Main | 海外ローミングサービス »

12/04/2004

東京空港交通(空港リムジンバス)のサービスはかなりレベル低下しているのでは?

水天宮前近くの箱崎のシティ・エアポートターミナルで不愉快な思いをしました。

東京空港交通(Airport Limousine Service)は、成田空港や羽田空港と主要な首都圏の駅、ホテルをむすぶ最大手のバス会社です。確かに私鉄系のバス会社と共同運行を行ったりあるいは私鉄系など他のバス会社と競争したり、京成電鉄のスカイラーナーと競争し、JR東日本の成田エクスプレス(特急)、快速エアポート等と競争し、マイカーで来る人達とも競争し、というわけでそれなりの競争は働いていますが、でもやはり独占的な地位にあることに変わりはないと思います(公正取引員会が見ている独禁法に抵触するほどの強い地位はないかもしれませんが)。

箱崎のシティ・エアポートタミナルは、数年前まではそこで出国手続きを行うことが出来、日系や一部の外国航空会社についてはそこでcheck-inをすることができたので大変便利でしたが、出国手続きが行われなくなり、check-inもできなくなり、利用客が減っているようです。バス便も今は日中15分間隔程度、朝早い時間帯で10分間隔程度でしょうか。

今回は、丁度、バスの切符売り場(昔出国手続きを行ったところで今はバスの切符を売っており、その横でバスに乗ることが出来ます。)15時40分発に乗れるかなと思ったら、私を待つまでもなく、黙って、見たところ10人程度しか乗っていないバスが発車。丁度発車するタイミングで私は乗車券を購入、次のバスは15時55分と簡単な説明を受けました。しようがないな、と発車待ちの間に電話を数本携帯電話からかけます。さて、15時55分になってもバスが来ず、そのうち交通渋滞で遅れているとの説明。結局発車は16時5分少し前。で、乗り場の女性に、「渋滞で遅れているかどうかは、前のバスの発車前に確認すべきではないの?特にギリギリ間にあうタイミングで来ている顧客を乗車させるかどうか何の検討も行わずに機械的に定刻発車を認めておいて、次のバスは交通渋滞のためといって5分以上発車が遅れるというのは考えられないけれど。こういう場合にはどうしようという、社内のマニュアルの様なものはないの?」と聞きましたが、簡単に申し訳ありません、との説明があるのみ。

今は私鉄でもJRでも、前の電車、列車の運行が遅れている場合は、列車ですから、線路が混んでくるので技術的にそうする他ないということもありますが、次の列車の運行を遅らせますね。私は、もうひとつ、前の列車の運行はスケジュール通りだけれど、次の次の列車の運行が遅れている場合も、次の列車の運行は多少遅らせると思います。

公共サービスを提供している会社というのは、顧客のニーズに目がいかなくなった場合には、どんどん厳しい状況に追い込まれると思います。日本の空港へのバスは、便数はともかく座席が狭く(ソウルの大韓航空の運行しているバスは料金も安いけれど座席が大きく、隣の席とはセパレートで、仁川の空港まで1時間余り乗っても疲れませんね)快適さでも問題があるだけに、厳しい状況に追い込まれる可能性があるのではないでしょうか。奮起を望みたいですね。

|

« 企業倫理・透明性など | Main | 海外ローミングサービス »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13808/57979419

Listed below are links to weblogs that reference 東京空港交通(空港リムジンバス)のサービスはかなりレベル低下しているのでは?:

« 企業倫理・透明性など | Main | 海外ローミングサービス »